2013年 09月 13日

爪の強化(補強)に関して

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。

ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。最近は更新をサボっているため、順位は10~15位あたりを行ったり来たりって感じで、現在の順位はこちら です。

ちょっとある曲が「いい感じ」になったんで、夜になってから録音しよと思った。
で、夜を迎えた。

ところがとんでもない邪魔ものが!

秋の虫の音である。あれって結構大きい。素晴らしきノイズ発生源だったりしている。

潔く録音をあきらめた私だった・・・。

さて、というわけで今回は、時々この業界(?)で話題に上る爪の強化(補強)に関しての話をしたいと思います。




f0281844_1801579.jpg

私がギターを始めたのは 19歳のとき。

いわば青春真っ只中のときってことになるが、まあ青春真っ只中って言ってもたいしたことはしてなかった。

当時はアホなほどパチンコに凝っていて、毎日のようにやっていた。
まだたばこを吸っていた時期だから、パチンコやりながらカップコーヒー飲んで、たばこをぷかぷか吸うという、およそ不健康な毎日を過ごしていた。

ちなみに当時のパチンコは 2~3千円あれば半日ぐらい潰せた。だから貧乏学生でもできたのだ。
うんと稼いだときには現金に換えたが、少ない場合はマンガに換えていたこともあった。「ブラックジャック」とか。

ま、そんなことはともかく、フィンガー奏法に関していうと、普通に指で弾いていた。
で、指に対して何らかの処置を施すなんてことは一切なかった。

f0281844_180312.jpg

去年になってギター熱が再燃して、いろいろネットで調べるようになって驚いたのが、爪に関して何らかの処置を施す人が大変多いこと。
特に、爪に何らかのものを塗って爪を強化(補強)している人が多いことに驚いた。

例えば上の写真は グラスネイル のセット。

元々はマニキュアと同類の爪のおしゃれ用として開発されたものを、最近では多くのギタリストが爪を強化(補強)させるものとして使っているということだ。
例えばお馴染みの中川イサトさん、岸部眞明さん、押尾コータローさんなども愛用しているという。

要するにグラスネイルを自分の爪に塗る(っていうか装着するっていうか)ことによって、いわば爪にピックを張り付けたような状態になり、爪が変な形に減ったり、割れたりする心配がなくなるというわけです。

f0281844_1804235.jpg

あとジェルタイプのセットもある。例えばこれは ジェリスト のスターターセット。

セットの中には何と専用のLEDライトが入っている(右側がそれ)。爪にジェルを塗ったあと、それを当てて硬化させるのだ。
こちらも本来は女性のおしゃれ用の製品ですね(だからパッケージがピンク色なのだ)。

f0281844_1805437.jpg

あと、「アロンアルファを塗って強化させる」という凄い手もある。フラメンコギター奏者がよくやっているそうだ。
この場合は何故か 釣名人 という商品がよく使われている。

但し、元々爪が丈夫で健康な人はいいかもしれないが、そうでない人がこれらの商品を長く使うのは危険を伴うらしい。

塗ったジェルなどを剥がすときにアセトンなどの溶剤を使う。
しかしアセトンはプラスティックも溶かす「危険な溶剤」だ。必要以上のアセトン使用は当然皮膚や爪組織を傷める原因になる。

実際ある人が「長いことジェルネイルを繰り返していたところ、爪が薄く柔らかくなってしまいました」というようなことを書いている。
元々爪の補強、強化のために塗ったものが爪を薄く柔らかくしてしまうのでは本末転倒もはなはだしい。

まあプロの場合はそれでもやむなく使うってこともあるのだろう。何しろ「プロ」なのだから。
しかし我々素人がこの手のものに手を出すのは、ちょっと危険な気もする。

少なくとも、元々それほど爪の状態がよくない私は手を出さない方がよさそうだ。

f0281844_181484.jpg

そこで私が目を付けたのがキューティクルオイルって奴。
グラスネイルなどとは違ってこちらはいわば「塗る栄養剤」のようなものだ。悪影響はなさそう。

写真はアマゾンで知った OPI AVOPLEX キューティクルオイルトゥゴー というもの。

これを風呂上りなどに爪の根元の甘皮あたりを中心に毎日塗る。爪が作られる細胞は爪の根元にあるからだ。
するとささくれや爪の割れがなくなるという。

というわけで私は毎晩せっせと風呂上りにこいつを塗っています。

f0281844_182421.jpg

ただ私の場合、最近ご覧のアラスカピックばかり使っているから、あまり爪の強化は関係ないかもしれないのだが・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2013-09-13 18:04 | ギター&音楽グッズ | Comments(9)
Commented by アルペジロー at 2013-09-17 23:20 x
別のところにも書きましたが、秋の虫の声をあえてバックに録音してみるというのもいいかもしれませんよ^^
ところで私はジェルネイルを一時期試していましたが、剥がすのに溶剤を使ったことはありません。部分的にはがれたり割れたりしたところは重ね塗りしていたので。でもここしばらく生爪です。趣味で土いじり(畑仕事)をするのですが損傷が激しいからです。なのでギターを弾くときだけにつけるアラスカピックにはちょっと興味があります。。
Commented by J_minor at 2013-09-18 18:05
アルペジローさん、こんにちは!

> 秋の虫の声をあえてバックに録音してみるというのもいいかもしれませんよ^^

なるほど。敵に回さずに味方につけるわけですね。
いっそやってみようかなあ・・・。

> 趣味で土いじり(畑仕事)をするのですが損傷が激しいからです。

なるほど。畑仕事とか力仕事とかするときって爪は邪魔ですよね。
私も北アルプス登山の前は、手足の爪をきっちりと切ります。危ないですからね。

> なのでギターを弾くときだけにつけるアラスカピックにはちょっと興味があります

アラスカピックは賛否両論ありますが、どちらかといえば「否」の方が多いような(汗)。

合う人には最高なんですけれどねえ。
まずは自分の手に合わせるのも結構面倒ですし。

でも何千円もするだけではないですし、挑んでみるのもいいかもしれませんよ。
Commented by アルペジロー at 2013-09-18 22:55 x
> なるほど。畑仕事とか力仕事とかするときって爪は邪魔ですよね。
> 私も北アルプス登山の前は、手足の爪をきっちりと切ります。危ないですからね。

ギターをやる前は爪はきっちり切る派だったのですが、今はちょっともったいないという気が働いて
控えめに切るようになってしまいました。最初は違和感ありましたが、だいぶ慣れてきました。
それでも人前に手を出すときはなんとなく恥ずかしいです^^;

> でも何千円もするだけではないですし、挑んでみるのもいいかもしれませんよ。

そういう意味ではグラスネイルなんて凄い高いですよね。ジェルネイルだって4千円くらいしますし。
アラスカピック試してみようかなぁ。。。
Commented by J_minor at 2013-09-19 07:51
アルペジローさん、こんにちは。

> それでも人前に手を出すときはなんとなく恥ずかしいです^^;

ですよね。「なに男のくせに」みたいなところ、ありますからね。

> そういう意味ではグラスネイルなんて凄い高いですよね。ジェルネイルだって4千円くらいしますし。

そんなにするんだ。確かに高いですね。

> アラスカピック試してみようかなぁ。。。

う~ん、お薦めできるのかどうか、微妙(笑)。
気に入る可能性 30% ぐらいかなあ・・・。
Commented by おやじベースマン at 2013-09-19 23:23 x
J_minorさんこんばんわ~。
私は上で紹介されてるGELIST使ってます。

私は爪が弱いみたいで、生爪で弾くとあっという間に変な形に削れてしまいすので、補強は必須なようです。

gelistはソークオフタイプとかいうので、グラスネイルとかより柔らかいとのこと。
ですので、けっこう削れますし、キラキラの音はでませんね。
でも、柔らかいですので、バキッと割れるようなことは経験してません。
少々欠ける程度はありますが、修復してやれば全部剥がさなくてもいけます。

今の在庫を使い切ったら今度はグラスネイルにしてみようかなと思ってます。まだ1年ぐらいは持ちそうですけど。
Commented by J_minor at 2013-09-20 18:43
おやじベースマンさん、こんにちは。

> 私は上で紹介されてるGELIST使ってます。

おっと。おやじベースマンさんはGELISTをお使いでしたか。
私もじつは結構真剣に検討したことがあるんですよ。

> 私は爪が弱いみたいで、生爪で弾くとあっという間に変な形に削れてしまいすので、補強は必須なようです。

そうなんですよねえ。弱いが故に補強が必須なわけですが、私のような高齢者(?)がその手のを使うと、結局爪そのものが弱くなってしまいそうで、それが怖いんですよねえ。

だから、私の場合アラスカピックが比較的合っているようってこともあり、「このままで行こうかな」って感じですね。

ただ、今現在の、親指だけはそのまま・・・っていうのは、やっぱり不自然な気もしています。バランスからいっても・・・。
Commented by センサー at 2013-10-02 23:18 x
こんにちは。アコギランキングからきました。
私も爪で悩んでいたのですが、とても使いやすい付け爪を見つけ愛用しています。キタガワさんのGuitar Nailsです。

アラスカピックの手軽さは魅力ですが、クセが強すぎますね(笑)
Commented by J_minor at 2013-10-03 08:29
センサーさん、はじめまして!

> 私も爪で悩んでいたのですが、とても使いやすい付け爪を見つけ愛用しています。キタガワさんのGuitar Nailsです。

早速調べてみました。価格も手ごろでよさそうですね。

> アラスカピックの手軽さは魅力ですが、クセが強すぎますね(笑)

問題はここでしょうか。やっぱ接着剤もテープもなしに着脱できるのが魅力なんですよねえ。
でも検索してみると、こちらを愛用している方も多いようですね。

情報ありがとうございました!
Commented by ガがミラノ時計 at 2014-03-18 22:51 x
当初は、驚くことではないが、100ダFeili、スピーチの省略は、疑いのPPなしである。 100 Dafei李」は、その紫色の血流の貴族を見てという、理想的な商標であるとして世界的に知られて、疑いもなくです。インチPPは紛らわしい動きを通して見事なまたは単に反射神経と接続設計、そしておそらくあなたが内にできたダイニングルームのテーブルになりますことはありません ほぼすべてのダイヤモンドジュエリー、および/または重要な岩石について、より小さな支出インレイは、形成が減少し、いくつかの自己運動は、しかし、本質的に貴族の人格に属する制御スタイルが含まれているため、PPはこのお金ではないでしょう、通常は、この個人を装着されている 明確な個性と付加的な態度を持っている必要があります、言語は「GUI Zuqiは「良い人はかなり使って。その他、オーデマピゲ、AP。 典型的な設計の始まりは八角形に形成された場合の原則と見られて「ロイヤルオーク」(RoyalOak)、非常に高いページと一致しても、すべての9四隅6化粧品アンカーボルトだった、それは比較的困難である 、特に強い。 APの手数料は購入を主ヘンドリー、あるいは電子メールのブレスレットが利用可能な、通常、巨大になることができ、「ロイヤルオーク」は、金属の連中のチェックリストの量を78000元を誇っています。


<< 「アリスのレストラン」へようこそ      となりのトトロ「風のとおり道」を弾く >>