2014年 10月 24日

「The Long and Winding Road」 完成への Long and Winding な道のりと、TAB譜発表

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。

ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。
復活して多少は順位が上がったのか。現在の順位はこんな感じ です。

先日久しぶりに近くのコンビニでバイトしているMちゃんに会いました。
「あっ。お久しぶり」と声をかけると、明るく「お久しぶりで~す」と笑顔で返してくれた。

いい子だなあ。おじさんの密かなアイドルです。

さて、今回も、他にネタがないってこともあって、「The Long and Winding Road」完成への Long and Winding な道のりと、TAB譜の発表でお茶を濁したいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ。








というわけで前回は、岸部眞明さんアレンジによるビートルズの「The Long and Winding Road」を聴いていただきました。
この曲は今までのソロギターの中で一番苦労しました。

さて、ここから先、一緒に楽しむ(苦しむ?)ために、チューニングを以下のように変えてください。

       1弦 = D
       2弦 = A
       3弦 = F#
       4弦 = D
       5弦 = A
       6弦 = D

そしてカポタストを 4フレに装着すれば準備完了です。





まずは前回「気になってしょうがない」と私が話していた 1弦の音を検証してみました(まあ検証ってよりも、単にコードストローク弾いているだけって感じもしますが)。

もちろんチューニングも先ほどのものと同じです。ZOOM H4n の録って出しの音で何のエフェクトも加えてありません。

こうしてフラットピックで弾いていると、別にそれほどおかしくない気がします。
ってことは、やっぱアラスカピックがいけないのかもしれないですね。アラスカピックを追加購入して、新しく作り直してみることにします。

何にしても、普段地味でスローテンポなソロギターの曲ばかり弾いているから、たまにこうしてフラットピックで弾き抜くと、気持ちいいねえ!
っていうか、普段の私のピッキングが弱いから、たまにはこういう演奏もしてやらないと、フォルヒ G23-CRCT の方もストレス発散されないかもね。





さて、今回の曲の最大の難所はストリング・ヒットだった。
ストリング・ヒットっていうのは、指を弦に落として「チャッ!」っていう音を出すやつです。

南澤先生はこんな風にいとも簡単にちゃっちゃかちゃっちゃかやっているけれども、初挑戦の私にはこれが至難の技だった。

そもそもこの動画を見ると先生は 6弦だけじゃなく 5弦に向かって親指を落としていることもありますね。
私にはそんなことは絶対にできない。6弦しかできない。5弦に向かって親指を落とそうものなら、5弦か 6弦のどっちかの弦を力強く叩いてしまい、爆音が鳴ってしまう(6弦ですら、それをやってしまうのだから)。

それと、私は上から叩くやり方をしているのに対し、先生のはもっと正面から叩いているイメージですねえ。
しかし非力な私がそれをやろうとしても、なかなか音が思ったように出ない(涙)。まだまだ練習が足りないようです。





それに絡んで、この曲の一番の難所がこのサビの部分。ストリング・ヒットをしたあと素早くピッキングをしなければならないわけだが、それがどうしてもうまくいかない。

これは 10月1日バージョンの失敗版。ストリング・ヒットは空振りしているところがあるし、それに続く音はちゃんと出てないし、ズタボロです。

f0281844_1801068.gif

[A] でストリング・ヒットをしたあと、4弦→3弦→2弦 と弾かねばならない。
このときストリング・ヒットをした親指はそのまま 6弦にいる。

だから通常なら 4~6弦は親指の担当だから最初の 4弦は親指で弾かなければならないのに、それができないからしょうがなく人差し指で弾いている。

そんなわけで続く3弦、2弦も1つずつずれてしまう。つまりこんな感じ。

       2弦 = 薬指
       3弦 = 中指
       4弦 = 人差し指

f0281844_1802814.gif

前半はまだいい。この(↑)後半がもっと問題。
[B] のストリング・ヒットのあと、

       5弦 = 人差し指
        ↓
       4弦 = 中指
        ↓
       3弦 = 薬指

と、更に指の位置が上にズレてしまう。これがどうにも馴染めなかった。
そして [C] からはまた普通の指の位置になる。これがなかなかうまくつながらない。

しょうがなく私は [C] につなげるために、こんな指使いにした。

       5弦 = 人差し指
        ↓
       4弦 = 中指
        ↓
       3弦 = 人差し指

イレギュラーな弾き方だが、こんな感じで 3弦は通常どおり人差し指で弾いているのだ。これなら確かに後半にはつながる。
だけどこんな弾き方したことがないから、大いに悩んだ。

f0281844_1804011.gif

次なる難関はこの間奏の部分。
このうち後半のハイポジのところの、[A] → [B] → [C] → [D] というチェンジがなかなかスムーズにいかなかった。特に [A] → [B] が一番苦手だった。





そこでこんな手を使っていた。
難しいのは左手のチェンジなわけだが、その左手のチェンジをスムーズにさせるために(安定させるために)、右手の方でこんな工夫をしていたのだ(最後のハーモニクスの音は間違いです)。

だけど考えてみると、たかがアルペジオである。しかもテンポも遅い。
「何で俺はこんな簡単なパターンが弾けないんだろう」と落ち込むこと、しきりだった。

本当、一時落ち込んでいたもんなあ。
こんな 8分音符(ですよね?)がただ規則正しく並んでいるだけの単純なアルペジオ・パターンなど、うまい人だったら 10分ぐらい練習すれば弾けてしまうのではないだろうか・・・。

でもいいのだ。
前に「老人力」のときにも書いたとおり、故に長い時間同じ曲で楽しめている・・・とも言えるのだから(いささかうんざりすることもあるけれどね)。

お約束どおり、最後に TAB譜を載せておきます。多分 95% ぐらいは合っていると思います。
皆さんもご一緒にお楽しみ(お苦しみ?)ください。

===========================================================
The Beatles 「The Long and Winding Road」 (岸部眞明版) TAB譜    by J minor
===========================================================


1弦=D , 2弦=A , 3弦=F# , 4弦=D , 5弦=A , 6弦=D
CAPO=4

|---|-0------------------------|-------------------------|
|-4-|-------4-----0----------2-|------2--2---2--2------0-|
|---|-0--------0-----0-------1-|------1--1---1--1--------|
|---|----0---------------------|-------------------2s4---|
|---|-2-----0------------------|------0--0---0--0--------|
|---|-------------4----(sh)--2-|-(sh)--------------------|

|------------------------|----------0-------------|
|-------------2--3----2--|-------------------2----|
|----------0--0-------0--|-------0-----------0----|
|-------2----------0-----|----0-----------0-----0-|
|----0--------3----------|------------------------|
|-0----------------------|-5-----------5----------|

|----------------0------|------------------------|
|-------2-----4-------0-|-------2-----------0----|
|-------0-----3---------|----0-------------------|
|----0-----0-------2----|----------0-----0-----0-|
|-----------------------|-2-----------2----------|
|-5-----------4---------|------------------------|

|--------------------------|---------------------------|
|-------------0-----0h2--0-|---------------------------|
|-------1--1--1------------|----0-----------1-----3----|
|----------------2---------|-------2--0--------0-----0-|
|----2--------0------------|-------------0-------------|
|-2------------------------|-0--------------2-----4----|

|-----------------0---|---------------------------|
|--------2-----4------|-0--------2-----------0----|
|--------0-----3------|-------0-------------------|
|----0------0-------2-|-------------0-----0-----0-|
|---------------------|----2-----------2----------|
|-5------------4------|---------------------------|

|------------------0--0-|---------------
|-------2--2s4----------|---------------
|-------1----1----------|----------0----
|---------------2-------|-------2-------
|----2-------0----------|----0----------
|-2---------------------|-0-----------0-

|---|-0------------------------|-------------------------|
|-4-|-------4-----0----------2-|------2--2---2--2------0-|
|---|-0--------0-----0-------1-|------1--1---1--1--------|
|---|----0---------------------|-------------------2s4---|
|---|-2-----0------------------|------0--0---0--0--------|
|---|-------------4----(sh)--2-|-(sh)--------------------|

|-------------------------|-------5-----4-----0----|
|-------------2--3--------|------------------------|
|----------0--0-------3s5-|-------5-----3-----0----|
|-------2----------0------|----0-----0-----0-----0-|
|----0--------3-----------|------------------------|
|-0-----------------------|-5----------------------|

|----------------0------|----------------------0----|
|-2-----2-----4-------0-|-------2--------4----------|
|-0-----0-----3---------|----0--------0--0----------|
|----0-----0-------2----|----------0--------0-----0-|
|-----------------------|-2--------------2----------|
|-5-----------4---------|---------------------------|

|-0----------------------|---------------------------|
|-----------------0h2--0-|---------------------------|
|-1----0h1--1------------|----0-----------1-----3----|
|--------------2---------|-------2--0--------0-----0-|
|----2------0------------|-------------0-------------|
|-2----------------------|-0--------------2-----4----|

|-----------------0---|---------------------------|
|--------2-----4------|-0--------2-----------0----|
|--------0-----3------|-------0-------------------|
|----0------0-------2-|-------------0-----0-----0-|
|---------------------|----2-----------2----------|
|-5------------4------|---------------------------|

|------------------0--0-|---------------|
|-------2--2s4----------|---------------|
|-------1----1----------|----------0----|
|---------------2-------|-------2-------|
|----2-------0----------|----0----------|
|-2---------------------|-0-----------0-|

サビ

|---|-0-0-0-----0h20----------|-------------------------------------|
|-0-|-0---------------2-------|----0---------------0h2----------2h4-|
|---|-0-----------------------|-0---------------0--1------------1---|
|---|--------0--------------0-|-------0-------0--------0-----2------|
|---|-0-----------------------|-------------4-------------0---------|
|---|--------------5---(sh)---|-4------(sh)--------2----------------|

|-0-0-0--------0h2-----------|-------------------------------|
|-0---------2-------2--------|----0--------------0h2----2--4-|
|-0--------------------------|-0---------------0-1------1----|
|--------0-----------------0-|-------0-------0-------0-------|
|-0--------------------------|-------------4------------0----|
|--------------5------(sh)---|-4------(sh)-------2-----------|

|-0------------------------|----------------0------|
|-------4-----0----------2-|------2--2---2-------0-|
|-0--------0-----0-------1-|------1--1---1---------|
|----0---------------------|-----------------------|
|-2-----0------------------|------0--0---0---------|
|-------------4----(sh)--2-|-(sh)------------------|

|-------------------------|-------5-----4-----0----|
|-------------2--3--------|------------------------|
|----------0--0-------3s5-|-------5-----3-----0----|
|-------2----------0------|----0-----0-----0-----0-|
|----0--------3-----------|------------------------|
|-0-----------------------|-5----------------------|

|----------------0------|-------------------0----|
|-2-----2-----4-------0-|-------2-----4----------|
|-0-----0-----3---------|----0--------0----------|
|----0-----0-------2----|----------0-----0-----0-|
|-----------------------|-2-----------2----------|
|-5-----------4---------|------------------------|

|-0----------------------|---------------------------|
|-----------------0h2--0-|---------------------------|
|-1----0h1--1------------|----0-----------1-----3----|
|--------------2---------|-------2--0--------0-----0-|
|----2------0------------|-------------0-------------|
|-2----------------------|-0--------------2-----4----|

|-----------------0---|---------------------------|
|--------2-----4------|-0--------2-----------0----|
|--------0-----3------|-------0-------------------|
|----0------0-------2-|-------------0-----0-----0-|
|---------------------|----2-----------2----------|
|-5------------4------|---------------------------|

|------------------0--0-|---------------|
|-------2--2s4----------|---------------|
|-------1----1----------|----------0----|
|---------------2-------|-------2-------|
|----2-------0----------|----0----------|
|-2---------------------|-0-----------0-|

間奏

|-------------------------|-------------0--------0-|
|-0--------0--2---------2-|-4--------4--------2----|
|-------------------------|----------------1--1----|
|-------0------------0----|-------0----------------|
|----4-----------4--------|----4--------------2----|
|-0-----------5-----------|-4-----------2----------|

|-7--------7--9--------9-|-11--------11--12------12--------|
|-------5-----------5----|-------------------10------------|
|----7-----------7-------|-----7--8------------------7(hm)-|
|-0-----------5----------|---------------------------7(hm)-|
|------------------------|--9-------------7----------------|
|------------------------|---------------------------------|

|-0------------------------|----------------0------|
|-------4-----0----------2-|------2--2---2-----2p0-|
|-0--------0-----0-------1-|------1--1---1---------|
|----0---------------------|-----------------------|
|-2-----0------------------|------0--0---0---------|
|-------------4----(sh)--2-|-(sh)------------------|

|-------------------------|-------5-----4-----0----|
|-------------2--3--------|------------------------|
|----------0--0-------3s5-|-------5-----3-----0----|
|-------2----------0------|----0-----0-----0-----0-|
|----0--------3-----------|------------------------|
|-0-----------------------|-5----------------------|

|----------------0------|-------------------0----|
|-2-----2-----4-------0-|-------2-----4----------|
|-0-----0-----3---------|----0--------0----------|
|----0-----0-------2----|----------0-----0-----0-|
|-----------------------|-2-----------2----------|
|-5-----------4---------|------------------------|

|-0----------------------|---------------------------|
|-----------------0h2--0-|---------------------------|
|-1----0h1--1------------|----0-----------1-----3----|
|--------------2---------|-------2--0--------0-----0-|
|----2------0------------|-------------0-------------|
|-2----------------------|-0--------------2-----4----|

|--------------2---0----|----0--------------------0--0-|
|--------2------------4-|-------2--------------4-------|
|--------0-----3--------|-------------0--------0-------|
|----0------0-------2---|----------0--------0----------|
|-----------------------|----2-----------2-------------|
|-5------------4--------|------------------------------|

|------------------0--0-|----0----------------------|--------------------0------------|
|-------2--2s4----------|-------4-----0-----------2-|------2--2---2--2-----0----------|
|-------1----1----------|----------------0--------1-|------1--1---1--1-------0--------|
|---------------2-------|----------0----------------|--------------------------2------|
|----2-------0----------|---------------------------|------0--0---0--0-----------0----|
|-2---------------------|-0-----------------(sh)--2-|-(sh)--------------------------0-|

※ s はスライド、 p はプリングオフ、 h はハンマリング、 (hm) はハーモニクス、 (sh) はストリング・ヒットです。
※ TAB譜がずれている場合は、Word にコピペして MSゴシックあたりで表示させればずれがなくなるはずです。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2014-10-24 18:04 | ソロギター | Comments(19)
Commented by UME at 2014-10-25 12:42 x
な、なるほど。。。

これは親指(右)が忙しい。。
叩く、弾く、叩く、弾く、と交互にくると叩く準備、弾く準備ができなくなりそうです。
Commented by J_minor at 2014-10-25 17:16
UMEさん、こんにちは。

> これは親指(右)が忙しい。。
> 叩く、弾く、叩く、弾く、と交互にくると叩く準備、弾く準備ができなくなりそうです。

でしょう?
多分これは私がストリング・ヒットのやり方を間違えているんだと思います。

私のは多分まだまだ「ストリング・ヒットもどき」なんでしょうね・・・。
Commented by おやじベースマン at 2014-10-25 19:40 x
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

ストリングヒットに関してですが、前回ちょっと書いた、「手首の回転で・・」って話ですが、
J-minorさんのはストロークのように上から叩く感じになってますよね。
手の甲が正面向いたままですね。
僕は、手の位置はサウンドホールの上のままで、
手の甲をやや回転させて20-30度くらい下向きに振りかぶってから叩く感じになります。
5弦を叩く時は爪の横の肉で6弦も一緒に叩きます。
その分指がやや下向きになります。
その場で回転するだけですから、5弦も狙いやすいんじゃないかな?

前回2種類と書きましたが、細かくするともっと多くて、
叩いた直後に人差し指中指薬指で弾くときは、
回転させずに手首を曲げて4本指で叩くってのもあります。
(5弦狙いはこっちのほうが多いかも)
どちらにしても肘は曲げないと思います。

しかし、どんなにしても、南澤先生のような綺麗な音は滅多にでません。(´・ω・`)ガッカリ…

お互いがんばりましょーヽ(*´∀`)ノ
Commented by J_minor at 2014-10-25 20:15
おやじベースマンさん、こんにちは。
ストリング・ヒットに関して詳しい解説、ありがとうございます!

おっしゃっていること、だいたい分かります。
しかし問題は、私が非力なせいか、上から打ち下ろすようにしないと音が全く出なかったりすることです(涙)。

先生の動画を見ていると、全然力を入れてないように見えるのに、何故あんなに綺麗に音が出るのでしょう???

このあたりになってくると、ちょっと我流の限界を感じてしまいます。

私も正式にギターを教室で習うか、せめて1回だけでもいいから南澤先生に教わりたいところです。
Commented by まーちょん at 2014-10-25 20:29 x
J-minorさん、1位返咲きですね。
おめでとうございます!

1弦の原因も特定出来たようでよかったです。

「ストリング・ヒット」の事はよくわかりませんが、ご自分のペースで長続きしてくださいね!

今日はちょっと寂しい気分です。
お元気を祈るばかりですが・・・

Commented by J_minor at 2014-10-25 20:50
まーちょんさん、こんにちは。

> J-minorさん、1位返咲きですね。
> おめでとうございます!

ありがとうございます!
でも以前1位になれていたのはフォルヒ G23-CRCT の話題などが多かったいせいで、未だにページ別アクセスだとそれらが多いんですよ。どうもソロギターの地味な話で1位を維持するのは難しそうです。

> 今日はちょっと寂しい気分です。
> お元気を祈るばかりですが・・・

私もさっき知って落ち込んでいます。
まーちょんさんは理由を知っているんでしょうか。私にはさっぱり分かりません・・・。
Commented at 2014-10-25 21:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mssumasum at 2014-10-26 13:04 x
J-minorさん、こんにちは。

ストリングヒット、難しいですよね。
私も上手に叩くことが出来ないので、
滅多のことでは使いません(笑)
イレギュラーな方法かもしれませんけど、
叩くときはできるだけ最終フレットの上で叩くようにしてます(^o^;)
Commented by 人生バックドロップ at 2014-10-26 16:21 x
こんにちは。早速弾かせて頂いております。
ひょっとして表記ミスなのかなと思ったのが6小節目の4弦3フレットのです。この音外れてる気がしますが? 3弦開放の音じゃないですか? 
shの表示は次に弾く弦の所に表示するのが多いようです。3小節目のshは5弦に入れるというように。それとshは弦を上から叩いてフレットに弦が当たった時の音です。弾くのではなく垂直気味に弦を叩くと上手くいくと思います。
Commented by かも at 2014-10-26 17:08 x
J-minorさん こんにちは!
音を拾って、TABを起こして、そして練習して動画UP、しかも解説付き。
J-minorさん これだけで十分すごすぎですよ~
もちろん、演奏にも癒されます。

私も、何度かストリングヒットがある曲をやってみたんですけど、もうアクセントというより耳障りなレベルです(T_T)
修正するには、練習曲集を買ったり、個人レッスンを受けたりするしかないのかなぁ~ と思いつつ、現状維持です。
それにしても、フォルヒの音色、いいですね~
シダートップ欲しいなぁ~
Commented by J_minor at 2014-10-26 17:20
mssumasumさん、こんにちは。

> ストリングヒット、難しいですよね。

難しいですねえ。20代の頃は全くこんなことしてなかったし。

> 私も上手に叩くことが出来ないので、
> 滅多のことでは使いません(笑)

あら。mssumasumさんですらそうですか。だったら私にできないは当然だ(笑)。

> イレギュラーな方法かもしれませんけど、
> 叩くときはできるだけ最終フレットの上で叩くようにしてます(^o^;)

そういえばフレットに近い側でやった方が音が出やすいですね。
参考にさせていただきます。
Commented by J_minor at 2014-10-26 17:21
人生バックドロップさん、こんにちは。

> こんにちは。早速弾かせて頂いております。

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

> ひょっとして表記ミスなのかなと思ったのが6小節目の4弦3フレットのです。
> この音外れてる気がしますが? 3弦開放の音じゃないですか?

|----------------0------|
|-------2-----4-------0-|
|-------0-----3---------|
|----0-----0-------3----|
|-----------------------|
|-5-----------4---------|

ここですよね?おっしゃる通り表記ミスでした。
ただ3弦解放ではなく、4弦の2フレです。

|----------------0------|
|-------2-----4-------0-|
|-------0-----3---------|
|----0-----0-------2----|
|-----------------------|
|-5-----------4---------|

↑こうだと思います。早速直しました。

あと、演奏のアドバイスもありがとうございました♪
Commented by J_minor at 2014-10-26 17:48
かもさん、こんにちは。

> 音を拾って、TABを起こして、そして練習して動画UP、しかも解説付き。
> J-minorさん これだけで十分すごすぎですよ~

単なるヒマなじじいなだけなのかもしれませんが(笑)。
でも音を拾うのは多分嫌いじゃないです。パズル解いているような感じで。

> 修正するには、練習曲集を買ったり、個人レッスンを受けたりするしかないのかなぁ~ と思いつつ、現状維持です。

私もそろそろ我流の限界を感じていたりもします。
有名な先生が関東でギター教室開いてくれると嬉しいんだけれども。

> それにしても、フォルヒの音色、いいですね~

ただやはり私はいまだに若干1弦の音が気になっている(笑)。
アラスカピックのせいだけではないような気も、少しします
Commented by おさかな大将 at 2014-10-26 23:29 x
J minorさん、こんにちは。
1弦大丈夫そうですね、高音きれいになりますねえ。いい音です。^^
逆に1、2弦が良い音すぎるのでしょうか。
Commented by at 2014-10-27 15:13 x
J minorさん
何時も楽しみに読ませてもらっています。
今回は自分の演奏とかも考えながら読ませてもらいました。
ストリングヒットも練習を重ねてゆけば
ある日、突然にこうやればいいとかが思い浮かぶかもです
それもjminorさんにあったストリングヒットのやり方が
色んな演奏での指や腕の使い方がある物ですね
私はシンプルが一番ですが
プロの真似もしてみたい(;^_^A。
アラスカピック、上手く加工が出来ると良いですね。
Commented by J_minor at 2014-10-27 18:02
おさかな大将さん、こんにちは。

> 1弦大丈夫そうですね、高音きれいになりますねえ。いい音です。^^

と、思うのですが、一方で、まだ若干疑っていたりもして(苦笑)。

> 逆に1、2弦が良い音すぎるのでしょうか。

逆に出過ぎて気になるのかも・・・ですね。
Commented by J_minor at 2014-10-27 18:05
敏さん、こんにちは。

> 何時も楽しみに読ませてもらっています。

ありがとうございます。

> ストリングヒットも練習を重ねてゆけば
> ある日、突然にこうやればいいとかが思い浮かぶかもです

ですね。まだ発展途上なんでしょうね、私のは。
とりあえず今はこれの精度をもうちょい上げておくかな。

正式なのは、また覚えればいいさ・・・ぐらいに考えておきますね。

> アラスカピック、上手く加工が出来ると良いですね。

これがまた、案外難しい(苦笑)。ほんとは指で弾きたいですねえ・・・。
Commented by まーちょん at 2014-10-27 18:28 x
J minorさん

コメントページが新しくなってるー!。
いいですね、いつも新鮮な気持ちでいられそうです。

でもスクロールできないのでちょっと使いづらいかなぁ・・・

>ただやはり私はいまだに若干1弦の音が気になっている  
開放弦の時に?と思ったけどカポ付けてますものねぇ。
なんなんでしょう・・・購入先で一度点検されては?

私のフォルヒはなんともないですよ。

ってか、さっきサヨナラしてきました。
ヤフオク初挑戦で見事売れちゃいました。
Commented by J_minor at 2014-10-27 20:21
まーちょんさん、こんにちは。

> コメントページが新しくなってるー!。
> いいですね、いつも新鮮な気持ちでいられそうです。

何か急に変わりましたねえ。自分でもびっくりです。

> 開放弦の時に?と思ったけどカポ付けてますものねぇ。
> なんなんでしょう・・・購入先で一度点検されては?

気分的なものなのか、アラスカピックのせいなのか、未だによく分かっていません。
だけど、やっぱり4フレ、5フレのあたりの1弦が気になるような気もします。

> なんなんでしょう・・・購入先で一度点検されては?

そうしてみる必要もあるのかもしれませんね。

> ってか、さっきサヨナラしてきました。
> ヤフオク初挑戦で見事売れちゃいました。

おお!私もヤフオクはやったことがないんです。だからヤフオクで売買している人がうらやましくて。

ヤフオク初挑戦で見事売れたってことは、やっぱりフォルヒは人気あるのかもしれませんね♪


<< 指の離着陸のお話      (solo guitar)Th... >>