2015年 05月 22日

じつはフラットピック奏法だってしていた(ドッグ・ワトソンになり切れなかった私)

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_1711451.jpg

ほとんど耳コピを終えた頃、友達から押尾コータローさんの「キミノコト」の譜面をもらった。
採譜しているのは、あの南澤大介さんです。

いやあ、驚いた!実に正確な TAB譜だ!「プロなのだから当たり前だ」と言われそうだが、こんなに正確な TAB譜、初めて見た。
「How To Play Ragtime Guitar」以来、TAB譜など何処かいい加減なものだとずっと思っていたから、驚きですよ。

さて今回は、「じつは以前は結構フラットピック奏法だってしていたんでっせ」っていうお話です。
よろしかったら続きをどうぞ。




f0281844_17121224.jpg

ドッグ・ワトソン(Doc Watson)というギタリスト(ミュージシャン)をご存じだろうか。
私が 20歳のときに購入した教則本、「別冊ヤングフォーク」の「初心者のための <YUMIN> フォーク・ギター教室」にもこうして彼の曲が紹介されています。

当時 TAKESHI氏を通じてこの「Doc's Guitar」を聴いたとき、そのあまりの速弾きに衝撃を受けました。

ドッグ・ワトソン(ウィキペディアだとドク・ワトソン:1923年3月3日 - 2012年5月29日)は、アメリカ合衆国のギタリストで、ブルーグラス・ギターの第一人者とされている。

しかも彼、盲目なのです。
ものすごい速弾きをしている彼が盲目だと知って、更に私は衝撃を受けたものだった。





当時はまだネットも YouTube もなかった時代。だからドッグ・ワトソンの動画など見たくても見れなかった。
だから私が「動くドッグ・ワトソン」に出くわしたのは、実に去年のことです。

これは「Black Mountain Rag」という曲で、フラットピックを使って演奏しています。
最初はのんびりと弾いていますが、3分4秒ぐらいから本気を出しますよ。

この「Black Mountain Rag」、20代の頃に一応挑みました。TAKESHI氏が目の前で弾いていたからね。何でも彼の影響を受けていた私が影響を受けないわけがありません(笑)。

そして実はネタになるからと、去年あたりも少し練習したんですよ。
結構一時はいいところまで行ったんだがなあ。途中であきらめました(涙)。





というわけで昔のネタを。「アイム・ドッグ・ワトソン」という作品です。

弾いている曲のタイトルは分からないけれども、ドッグ・ワトソンがフラットピックを使って弾いているリード・パートです。
とてもそのままでは弾けないと、例のオープンデッキを使って倍速再生でやっております。

だけどそれでも弾けない(爆)。





それだけではあまりにも情けないんで、もう一曲。

こちらは「This Land Is Your Land」というポピュラー・ソングをフラットピックで弾いています。
いわゆるカーターファミリー・ピッキング(あるいはチャーチリック・ピッキング)ってやつです。

おっと。こっちは倍速再生じゃないですよ。

まあ後半はボロボロになっておりますが(笑)、当時(多分 24歳頃)の私の精一杯の演奏です。聴いてやってください。

さて、もうすぐ 6月ですね。というわけで次回は TAKESHI氏の名曲「紫陽花」をお届けする予定です。
それでは、また・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2015-05-22 17:24 | ソロギター | Comments(13)
Commented by mssumasum at 2015-05-23 01:24 x
J-minor さん、こんばんは

ドク・ワトソン!
いやぁ懐かしいです。
怒涛のフラットピッキング(以下も正確!)ですよね。
ご他聞に漏れず、わたしもトライしたことあります(笑)
これ同じ人間のなせる業なの?って思いました…。
似た感じで、アル・ディ・メオラも凄かった!
彼らってどうやって練習してるんでしょうね???
Commented by mssumasum at 2015-05-23 01:25 x
以下も じゃなくて しかも ですねm(__)m
Commented by J_minor at 2015-05-23 08:56
mssumasumさん、こんにちは。

> ドク・ワトソン!
> いやぁ懐かしいです。

さすがはmssumasumさん、知ってましたか。

> 怒涛のフラットピッキング(以下も正確!)ですよね。

そう。怒涛のフラットピッキングで、「以下も正確」なんです(笑)。

> ご他聞に漏れず、わたしもトライしたことあります(笑)

やっぱり・・・。
mssumasumさんなら私よりももっと正確に、しかも速く弾けたんだろうなあ・・・。

> これ同じ人間のなせる業なの?って思いました…。
> 彼らってどうやって練習してるんでしょうね???

まずは基本的にギターが死ぬほど好きなんでしょうね、きっと。
私の場合、そのあたりが気まぐれで、「やるときはやる。やらないときはやらない」・・・って感じなのかなあ・・・。

> 似た感じで、アル・ディ・メオラも凄かった!

恥ずかしながら、アル・ディ・メオラさんって知らなかったです。
いろいろなギタリストがいるんですね。
Commented by かも at 2015-05-23 08:58 x
J-minorさん こんにちは!
Doc Watsonさんってすごいですね。
3分4秒あたりからの本気.....すっごいですね~
でも、本当の本気はもっとすごいんだろうなぁ~と思いました。

J-minorさんのThis Land Is Your Land さわやかで格好いいじゃないですかぁ--♪
後半ボロボロって感じ全然しなかったですよ!
ちなみに、J-minorさんはどんなピックを使われているんですか?
私は、アコギだとトライアングルのTHINを使っています。
Commented by アルペジロー at 2015-05-23 09:11 x
フラットピッキングもいいですね!
こういうカントリーっぽいのも好きです。
数年前までそんな奏法があることすら知りませんでしたけどね。
しかしドク・ワトソンにしてもアル・ディ・メオラにしても凄すぎてもう人間業ではないですね!
Commented by J_minor at 2015-05-23 09:56
かもさん、こんにちは。

> Doc Watsonさんってすごいですね。

すごいでしょう?20歳ぐらいのときに聴きましたからね。単純に速い=すごい!って思っていたこともあって、ぶっ飛びましたよ。

> J-minorさんのThis Land Is Your Land さわやかで格好いいじゃないですかぁ--♪
> 後半ボロボロって感じ全然しなかったですよ!

本当ですか?自分が聴くと、かなりヤケクソになって弾いている感じがしちゃいます(笑)

> ちなみに、J-minorさんはどんなピックを使われているんですか?
> 私は、アコギだとトライアングルのTHINを使っています。

私はマーチンやらフェンダーやらのおむすび型のミディアムを使っています。
少しサイズが小さい奴です。
Commented by J_minor at 2015-05-23 09:58
アルペジローさん、こんにちは。

> フラットピッキングもいいですね!

単純に言って、音がくっきりと出るじゃないですか。あれがいいですよね、フィンガーと違って。

> こういうカントリーっぽいのも好きです。
> 数年前までそんな奏法があることすら知りませんでしたけどね。

私もカントリーなどに特に深い知識があるわけじゃないのですが、雰囲気はいいですよね。湿気の多い日本の気候や風土とは真逆の世界ですよね。

> しかしドク・ワトソンにしてもアル・ディ・メオラにしても凄すぎてもう人間業ではないですね!

ほんと!どんだけ練習すりゃ、ああなるんでしょうねえ・・・。
Commented by Kimi Mac at 2015-05-23 22:06 x
J-minorさんこんばんわ。

いやーすごいですね。
速さもさることながら、リズムというか、音と休符の長さが狂ってないように聴こえます。
これってなかなか出来ないんですよね。
上手に聞こえるか、素人っぽく聴こえるかの境目です。

自分はフラットピックでは1本の弦を早く弾くのはなんとかなっても、
弦をまたいだり、ましてや1本飛んだりした日にゃもう、
どうにもならんですww。
Commented by J_minor at 2015-05-24 08:23
Kimi Macさん、こんにちは。

> いやーすごいですね。
> 速さもさることながら、リズムというか、音と休符の長さが狂ってないように聴こえます。

ですよねえ。正確無比って感じですよね。

> これってなかなか出来ないんですよね。
> 上手に聞こえるか、素人っぽく聴こえるかの境目です。

そうなんですよ。だから私の演奏の方だと、素人っぽく聴こえちゃうんですよねえ、悲しいことに。

> 自分はフラットピックでは1本の弦を早く弾くのはなんとかなっても、
> 弦をまたいだり、ましてや1本飛んだりした日にゃもう、

私もこの当時に比べると、フラットピックを使う機会が激減しているため、まったく駄目です(笑)。
Commented by Kimi Mac at 2015-05-25 00:40 x
J-minorさん、

僕が言ってるのは、Doc Watsonさんの演奏の事じゃなくて、
J-minorさんの演奏の事ですよ。
言葉が足りなくてすみません。
Commented by at 2015-05-25 12:58 x
j minorさん
フラットピッキング演奏
僕は挑戦したことはありませんが
やっても出来なかったでしょう。(;^_^A
どんな練習をやったら
あの速さと正確さを得とくできるのでしょうか?
j minorさんの早送り作戦は
大成功です。o(^▽^o)笑〃
Commented by J_minor at 2015-05-25 18:37
Kimi Macさん、こんにちは。

> 僕が言ってるのは、Doc Watsonさんの演奏の事じゃなくて、
> J-minorさんの演奏の事ですよ。

あらま!そうだったのですか!

> いやーすごいですね。
> 速さもさることながら、リズムというか、音と休符の長さが狂ってないように聴こえます。

これ、あっしのことですか?
ありがとうございます!

滅多に誉められないんで、嬉しいです(笑)。
Commented by J_minor at 2015-05-25 18:41
敏さん、こんにちは。

> フラットピッキング演奏
> 僕は挑戦したことはありませんが
> やっても出来なかったでしょう。(;^_^A

いえいえ。それは分かりませんよ。
隠れた才能がある可能性・・・ありです(笑)。

> どんな練習をやったら
> あの速さと正確さを得とくできるのでしょうか?

ええと。これは、Doc Watson先生のことでしょうか、それともあっしのことでしょうか(笑)。
あっしのことだと勝手に思い「ありがとうございます!」。

> j minorさんの早送り作戦は
> 大成功です。o(^▽^o)笑〃

Doc Watson先生の曲は、早送り作戦でやっと追い付く感じですね(苦笑)。


<< この「笑い病」が二人をダメにし...      伝説の奇人、TOSHIO氏登場 >>