2017年 06月 05日

高額ギター購入への長い道のり その3 【 PA Taper とは何ぞや? 】

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_20564285.jpg

ブログ停止中に、とうとう還暦を迎えてしまいました。これで立派にジジイの仲間入りを果たしたことになります。

還暦なんかになったって、いいことなんか一つもない・・・と思っていたんだけれども、一つだけありました。

映画の鑑賞料金が 1,800円から 1,100円になるのです。
どうです。このチケットに輝く「シニア」の文字は!

ちなみに、本当に 60歳以上かどうか、ちゃんとゲートで調べる映画館と調べない映画館がありますね。
どうやら調べない映画館の方が多いようです。だから 50代でもシニア料金でも大丈夫ですよ、多分。

さて、今回も高額ギター購入への長い道のりを淡々とお届けしたいと思いまよ(ネタがかなり余っているんで、週 2回ペースでお届けしております)。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





f0281844_20564174.jpg
20代の頃からずっと使っている S.Yairi YD-306(左側)にプラスして、2013年10月28日、恵比寿のドルフィンギターズでフォルヒ G23-CRCT を購入した私であったが、1弦の音に疑問を感じたり、やや太いネックに演奏しにくさを感じたり、やや悶々とした日々を送っていた。

f0281844_20564125.jpg

そんな中、mssumasumのブログ のmssumasumさんが Martin CTM D Style 18 Quilted Mahogany というギターを購入した。
これはトップ板にベアクロウのシトカスプルースを使い、サイド&バック板にキルテッドマホガニーを使った日本限定カスタムモデルなのだが、もう一つ大きな特徴がった。

それは PA Taper と呼ばれるネックシェイプを採用していること。
PA Taper とは Martin社がパフォーミング・アーティスト・シリーズに採用した、従来のネックよりもローフレット側とハイフレット側のネックの太さの傾斜が緩やかなネックシェイプのことで、ローフレットからハイフレットへのフィンガリングもスムーズに行うことができるとのことだ。

更に mssumasumさん、ブログにこうも書いていた。

       このギターは演奏性がずば抜けて素晴らしいので
       今まで苦労していた曲を立て続けに完成まで持っていけました。
       やっぱりギターは弾きやすさが一番大切だと思います。

う~む。AKB系の曲を次々にソロギター化している mssumasumさんがこうも言うとは!

前回も書いたとおり、私の持っているフォルヒ G23-CRCT は S.Yairi YD-306 に比べると弾きにくい部分があるんで、「今度買うなら絶対演奏重視!」と思っていたので、大いに惹かれた。

しかし Martinギターの中でも、スタンダードシリーズの中で PA Taper が採用されているのは D-18 だけだった。

そう D-18 は 2012年に劇的に生まれ変わったのだ。
PA Taper を採用しただけじゃなく、フォワードシフテッド・スキャロップド・X・ブレイシング、エボニー材のブリッジとフィンガーボードなど、限りなく戦前の仕様に近づいたのだ。

このように Martin社は何か新しいことを試みるとき、スタイル18 で試す傾向がある。

f0281844_20564207.jpg

しかし、21歳のときにイシバシ楽器で S.Yairi YD-306(左側)を購入して以来、ずっとドレッドノートを使っていたこともあって、いささかそのボディーサイズに飽きを感じていた。
そもそも S.Yairi YD-306 は Martin のドレッドノートをコピーしたモデルなのだから、これは当然のことだ。

元々ソロギターにはやや小さめのボディーが似合うってこともあって、Martin で言うなら 000(トリプルオー)サイズがいいと思っていた。
その点ではフォルヒ G23-CRCT も理想のギターだったのだ。

f0281844_20564277.jpg

しかし残念ながらスタンダードシリーズの 000シリーズには PA Taper は採用されてなかった。
Martin社は何か新しいことを試みるとき スタイル18 で試す場合が多い・・・と書いたが、残念ながら 000-18 は PA Taper ではなかったのだ。

・・・と思っていたら、PA Taper を採用した 000 がありました!
日本限定モデルの Martin CTM OOO Style18 Quilted mahogany がそれです。

しかしこの OOO モデルは生産台数が少なく( 2014年に 25台発売されただけ )、あまり中古が出回ってない。
新品だと実売で 631,800円もした。

ギターに60万は・・・流石に出せないな・・・。
清水の舞台から飛び降りて頭打って意識朦朧とした状態にならないと買えそうにないです(爆)。

・・・と思っていたら、去年の 2月、クロサワ楽器にそれの中古が現れた。

       目立つようなダメージなく、全体的にコンディション良好。
       ネックコンディション、板のコンディション、どちらも良好。
       弦高も新品時と同等の高さを保っております。

と、条件も悪くない。
そして価格も税込みで 375,840円と比較的お買い得だった。

というわけで俄然 Martin CTM OOO Style18 Quilted mahogany に注目した私であった。
去年(2016年)の春の頃のお話です。

そんな私に “とんでもない” 軍資金が入ってくることになったのであった・・・

(つづく・・・)

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


[PR]

by J_minor | 2017-06-05 21:00 | ギター購入記 | Comments(10)
Commented by 丸に橘 at 2017-06-05 21:41 x
おっと。物語ですね~。Martin CTM OOO Style18 Quilted mahogany ですかあ~。しかも、PA。
手に汗握ります。マホガニーの音色、私も大好きです。
ボディシェイプは、好みですよね。私は断然ドレッドノートですが。。。でも、Gibsonのようなラウンド・ショルダーは好きではないです。
それにいたしましても、還暦おめでとうございます!
私も秒読みです!
Commented by sasunsasun at 2017-06-05 21:49
そしてその軍資金( ̄m ̄* )ムフッ♪
Commented by mssumasum at 2017-06-06 04:28 x
これ、すごく個人的な意見なんですけど
弾きやすいギターってネックを握った瞬間に
これはいける!って感じるんですよね

強度の問題なのか分かりませんけど
個人的には、ごつくてがっしりとしたネックは
(太いという意味では無くて)
運指が安定して滑らかに弾ける印象です
このギターとレギュラーのD-42では
剛性はD-18QMの方がある感じがします
好みもあるのかもしれませんけどね…

写真のD-18QMですけど
ササンさんにご紹介いただいたフルヤギターさんで
7万円かけて自分用に調整をしました
調整というよりリペアに近いですけど(笑)

テンションが強かったので弱めるために
指板を削ってテンションを弱めて
ペグも安定感のあるものに交換しました
もちろんナットサドル交換と全リフレットです
弾きやすさは言うまでもありません
古谷さんの調整は素晴らしいです!
Commented by J_minor at 2017-06-06 08:26
丸に橘さん、こんにちは。

> おっと。物語ですね~。

すいません。しばらくこの物語が続きます(苦笑)。

> マホガニーの音色、私も大好きです。

いいですよね~、マホの音って。癒されます。

> ボディシェイプは、好みですよね。私は断然ドレッドノートですが。。。

多分私の場合、40年間ずっとドレッドの S.Yairi YD-306 だったせいと、やっているのがソロギターのせいなんでしょうね、ドレッドには飽きちゃった感じです(笑)。

> それにいたしましても、還暦おめでとうございます!
> 私も秒読みです!

それはそれは!
早く来てください(笑)。
Commented by J_minor at 2017-06-06 08:31
おやじさん、こんにちは。

> そしてその軍資金( ̄m ̄* )ムフッ♪

この軍資金が私を狂わせたのです(爆)。
Commented by J_minor at 2017-06-06 08:31
mssumasumさん、こんにちは。

> 弾きやすいギターってネックを握った瞬間に
> これはいける!って感じるんですよね

へえ。そういうものですか!

> 写真のD-18QMですけど
> ササンさんにご紹介いただいたフルヤギターさんで
> 7万円かけて自分用に調整をしました
> 調整というよりリペアに近いですけど(笑)

知ってますよ。
本当は詳細がブログに載るんじゃないかと期待してたんですけれどね~。

にしても思い切ったリペアをされましたね。
7万円はなかなかに勇気いりますものね。

で、mssumasumさんが古谷さんに調整に出した話も、そのうちこのブログに出てきますよ(笑)。
何しろ、ネタが相当余っているんです(笑)。
Commented by at 2017-06-06 12:13 x
jmiroさん
初めて知りましたPA Taper を(;´・ω・)
ギターは弾きやすさが一番ですね。
でも、ボディーサイズが変わると
指でなく体で覚えた感じがまた変わるよね
ギターの構え方も変わるからね~
そう言うとギターを選ぶのは難しいね。
軍資金~その言葉に魅力を感じますわ。
Commented by J_minor at 2017-06-06 16:17
敏さん、こんにちは。

> 初めて知りましたPA Taper を(;´・ω・)

私だって去年覚えた単語です♪

> ギターは弾きやすさが一番ですね。

本当にそう思うきょうこの頃です。

> でも、ボディーサイズが変わると
> 指でなく体で覚えた感じがまた変わるよね
> ギターの構え方も変わるからね~

そういうところ、ありますよね。
フォルヒ G23-CRCT を買った当初、何故か腰痛に襲われたりしましたからね。

> 軍資金~その言葉に魅力を感じますわ。

ちょっとこっちの予想しない形で入ってきたんですよ!
Commented by まーちょん at 2017-06-07 21:30 x
こんばんは、j-minorさん

還暦おめでとうございマース!

>50代でもシニア料金でも大丈夫ですよ、多分。
私は中2の秋まで料金設定のあるものはすべて子供料金でしたけど 晩年? はドキドキでしたね。

まだ50前半ですけどシニアで通りますかね?
もしすんなり通れたら「気づいてくれなかった」なんてショック受けたりして・・・(笑)


やっぱり来ましたね。
Martin CTM OOO Style18 Quilted mahogany

さぁ!そのまますんなり買うのか
はたまた、大どんでん返しとなるのか!

次回が楽しみです (o^―^o)ニコ






Martin CTM OOO Style18 Quilted mahogany
Commented by J_minor at 2017-06-07 21:53
まーちょんさん、こんにちは。

> 還暦おめでとうございマース!

ありがとうございます。
しかし自分が還暦になるとはね・・・。

> 私は中2の秋まで料金設定のあるものはすべて子供料金でしたけど 晩年? はドキドキでしたね。

中2で子供料金!度胸、あるなあ!

> まだ50前半ですけどシニアで通りますかね?
> もしすんなり通れたら「気づいてくれなかった」なんてショック受けたりして・・・(笑)

あはははは。気づいてくれないのも、嫌だしね。

> やっぱり来ましたね。
> Martin CTM OOO Style18 Quilted mahogany

> さぁ!そのまますんなり買うのか
> はたまた、大どんでん返しとなるのか!

長~く続きますよ、このシリーズ(笑)


<< 高額ギターへの長い道のり その...      高額ギター購入への長い道のり ... >>