2017年 06月 30日

高額ギター購入への長い道のり その10 【 Dr.Sound アコギ館へ・前編 】

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。 現在の順位はこんな感じ です。


f0281844_08003943.jpg

古い方のがいかれたんで、アマゾンでギター・チューナーを購入しました。
Flanger FT-12C Clip-on Chromatic Tune ってやつで1,080円。

コルグなどの一流メーカー品じゃないが、何の問題もなく使えています。

さて、今回も 高額ギター購入への長い道のりを淡々とお届けしたいと思います。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





f0281844_08003732.jpg

2月は 2度山に向かった。そしてその 2度とも高尾山に登った。
ハイキングは高尾山のショートコースにして、そのあと東京に向かおうと考えていたからだ。

2月下旬のこの日もそうだった。
しかし山頂でご覧の展望を眺めていたときから、どうももう一つ乗りがない。

Authentic シリーズのネックはバットのように太い・・・と理性では分かっていながら、「普通の OM-28 や普通の 000-18 じゃつまらない」という気持ちが抜け切らないでいたようなのだ。
なまじ例の「軍資金」が入ったりしたのが、よくなったようですね。

f0281844_08003772.jpg

それでも JR高尾駅まで戻った私は、ご覧の中央線に乗ってお茶の水に向かう決心をした。

何故ならお茶の水にあるクロサワ楽器の Dr.Sound アコースティック館には 000-18 が 3本、OM-28 が 2本あることが分かっていたからだ。
共に複数本置いてあるっていうのは、クロサワの店舗の中でもあまりない。

f0281844_08003832.jpg

ところが JR御茶ノ水駅に到着した私がまず向かったのはお茶の水駅前店の方だった。

理由は「OM-18 Authentic の中古があるから」だった。
まだ未練があったのだ。

店内に入る。店員は2人。2人とも愛想よく「いらっしゃいませ」と声をかけてきてくれた。しかし話しかけては来ない。

f0281844_08003819.jpg

OM-18 Authentic の中古はちゃんとあった。それも 2本も!
価格は共に 537,840円だった。

「何でこんな中途半端な価格なんだろ?」と思っていたら、要するに税抜で 498,000円なんですね。
「 Authentic が50万以下なんだから、すげえだろう!」ってところなのだろう。

しかし全然中古に見えない。傷もなく、どちらもいい個体に思えた。

迷った。「Authentic って太いんでしたっけ?」とか何とか、店員に話しかけてみれば済むことだった。

とりあえず一度はちゃんと「握ってみるべし」・・・だとも思う。
しかし「試奏してみて音に感動したとしても買うべきギターではない」とも思う。

私が今回求めているのは、飽くまで「演奏しやすいギター」なのだ。丸太のように太いと言われている Authentic はまったく向かない。

結局私はひと言も発しないまま表に出てしまった。

これは「理性が勝った」と言うべきなのか、「勇気がなかった」と言うべきなのか。
両方のような気がする(笑)。

しかし、いずれにせよ、「Dr.Sound アコースティック館の方で勝負を決めよう!」と決意した。

f0281844_08003884.jpg

というわけで楽器屋さんが立ち並ぶ明大通りを更に進んでいきます。

「明大通り」というだけあって、やがて右手に明治大学の建物が見えてくる。
同じく右手に見えてきた、坂の上にある「山の上ホテル」は昔の記憶どおりだ。

f0281844_08034098.jpg

そのまま進むと駿河台下交差点に達するが、その少し手前に Dr.Sound アコースティック館があった。

流石に駅前店と比べると間口も広く、立派そうな店舗である。
それでも気後れもせずに迷わずずんずんと入っていった私(今回はそれなりの覚悟があったようだ)。

店内に目を移すと、Martin が思ったほど置いてない。
「あれ?おかしいな」と思ったら、やがて 2階が Martin 専用の売り場になっていることが分かった(あとで調べたら 1階はギブソン中心だったようです)。


f0281844_08034068.jpg

奥にある狭い階段を上っていくと、壁一面に展示されている Martin が目の中に飛び込んできた。

圧巻である!いささか威圧されるほどに!

(つづく・・・)


↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


[PR]

by J_minor | 2017-06-30 08:04 | ギター購入記 | Comments(6)
Commented by at 2017-06-30 14:52 x
jmiroさんの
今日はこちらもやっと夏日です
暑くて~夜のビールを思うと唾が出る。。
Dr.Sound アコースティック館
凄い数のマーチンですね
もちろん勇気をだしてギターを
弾いて来たんですよね。。
早く展開を読みたい。。
Commented by J_minor at 2017-06-30 17:12
敏さん、こんにちは。いつもコメント、ありがとうございます。

> 今日はこちらもやっと夏日です
> 暑くて~夜のビールを思うと唾が出る。。

敏さんの好きなビールの季節ですね!こっちはお腹が微妙だから、飲めたり、飲めなかったりです(笑)。

> Dr.Sound アコースティック館
> 凄い数のマーチンですね

すごいでしょう?ちょっと圧倒されますよね。田舎者としては。

> もちろん勇気をだしてギターを
> 弾いて来たんですよね。。
> 早く展開を読みたい。。

展開が遅くてすいません・・・。
Commented by 丸に橘 at 2017-06-30 18:24 x
うーむ。
30分かけて飛雄馬が1球投げて、キャッチャーが捕球するまで1週間掛かるという、アレですね。(笑)
いずれにしても、マホガニーですかね。
マホガニーは、ブロンズ弦とフォスファーブロンズ弦とでは、音がかなり違います。ブロンズの方が、よりマホガニーらしさが出ますね。
でも、私はフォスファーの音の方が好きです。
ぜひ比べてみてください。
Commented by J_minor at 2017-06-30 20:28
丸に橘さん、こんにちは。いつもコメント、ありがとうございます(って、この返し方は丸に橘さんの影響ですけれど)。

> うーむ。
> 30分かけて飛雄馬が1球投げて、キャッチャーが捕球するまで1週間掛かるという、アレですね。(笑)

わっはっは!これはよいたとえですね!我々の世代しか、伝わらないけれども。

> いずれにしても、マホガニーですかね。

この頃はマホでしたねえ!どうしてもマホに惹かれていました。

> マホガニーは、ブロンズ弦とフォスファーブロンズ弦とでは、音がかなり違います。ブロンズの方が、よりマホガニーらしさが出ますね。

あら!そうなんですか!覚えておきます。

> でも、私はフォスファーの音の方が好きです。

あらら。そうなの?微妙なんですね。
Commented by sasunsasun at 2017-07-01 11:03
J-minorさん

こんにちは!

高尾山から見る富士山の雄姿
素晴らしい~! 夏山呼んでるよ~

今週はなんと家族内感染で風邪ひいてます(^-^;
明日は伊藤賢一ギターセミナーだったのに
今回は見送ることに だから山も行けません^^ 

ってギターブログのコメントじゃないですね(笑
Commented by J_minor at 2017-07-01 17:57
おやじさん、こんにちは。

> 高尾山から見る富士山の雄姿
> 素晴らしい~! 夏山呼んでるよ~

高尾山から見る富士山の雄姿って、何処を差しているのか、いささか疑問ですが・・・。

> 今週はなんと家族内感染で風邪ひいてます(^-^;

風邪ひいているせいかな(笑)。

> 明日は伊藤賢一ギターセミナーだったのに
> 今回は見送ることに だから山も行けません^^

あらま。伊藤さんのセミナーも欠席ですか。それは残念ですね~。


<< 高額ギター購入への長い道のり ...      高額ギター購入への長い道のり ... >>