2013年 05月 27日

ギターを始めたときに超絶的に影響を受けた教則本

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。

ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しました。現在の順位はこちら です。最初としては案外いいでしょ?
ただこれはアコギ・カテゴリーの参加者が少ないせいで、参加者の多いギター・カテゴリーの 現在の順位はこちら で、何処にいるかも分からない状態(笑)。
何とかもう少し頑張りたいものです。

さて、前回は私とギターとの出会いについて書きましたが、今度はギターを始めたときに超絶的に影響を受けた教則本についてお話したいと思います。
よかったら続きを読んでみてください。




f0281844_17494888.jpg
TY氏

前回お話したとおり、19歳のときに再会した小学生のときのクラスメートTYの影響で私はギターを始めた。

同窓会から 20日後に彼のうちを訪れて彼の華麗なるギター演奏を耳にした私はモーレツにギターがほしくなり、何とその 4日後に、横浜で 2万円のヤマハのギターを購入した。

最初にTYから教わった曲は井上陽水の「夢の中へ」だった。とにかく必死になって「夢の中へ」のコードを覚えた。

キーは G で弾いていたはずだ。G で弾くとあの初心者にとっては最大の難敵のバレーコードの F が出てこないからだ(ちなみにバレーコードがちゃんとできるようになるまで 2ヶ月以上もかかったのはここだけの内緒の話)。

f0281844_17501723.jpg

というわけで私にとってギターの師匠はTYということになるわけだけれども、教則本の方で当時超絶的に影響を受けたのがこれ。「別冊ヤングフォーク」の「初心者のための <YUMIN> フォーク・ギター教室」だ。

ここで言うYUMINとは荒井由美ではなく、小林雄二っていうギタリストなんだけれども、この教則本は、それこそボロボロになるまで使った。もちろん今でもこうして現存している。

f0281844_17501515.jpg

この本の中には、「妹」「神田川」「赤ちょうちん」「夏休み」「旅の宿」そしてご覧の「心もよう」などのフォークの名曲が沢山入っていた。
そしてマーチンやギブソンなどのギターの紹介や、中川イサト、石川鷹彦などのギタリストたちも紹介されていた。

この本で私はフォーク・ギターの世界を知ったといっても過言ではない。
だからこの本はどんなにボロボロになっても捨てられないのだ・・・。

ま、それはともかく、上に「新しいコード G と D7 を覚える」とありますよね?これがいわゆる「コード」という左手の押さえ方の型で、要するに左手でこの型をいくつか覚えることで譜面が読めなくてもギターが弾けるようになるわけです。
この曲では「今まで覚えたコード」と合わせて 6つのコードで演奏していることになります。

というわけで、この当時の私は必死になってそれらのコードを覚えていたはずです。

f0281844_17504066.jpg

「左手でコードを押さえて右手で演奏する」・・・これがフォークギターの基本です。

右手で行う奏法にはいくつか種類があるのですが、ここで紹介されているのはスリー・フィンガーと呼ばれる奏法で、じつはこれ、結構難しい弾き方なんですけれどねえ。
普通最初は簡単なコードストローク(ジャラーンとかきならすやつ)か、せめてフォー・フィンガーによるアルペジオ(分散和音)から始めるものなのですが・・・。

と、ここまで書くと、「そうか、 J minor(ジェー・マイナー)さんはギターでいわゆる “弾き語り” を楽しんでいる人なんだ」と思うことだと思います。

ところがどっこい。そうでもないんです。じつは当時からソロギターも弾いていたんです。
というわけで次回は「ギターを始めたときに超絶的に影響を受けたレコード」を紹介したいと思います。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2013-05-27 17:51 | 今昔物語 | Comments(2)
Commented by Yossy at 2013-05-28 15:45 x
お久しぶりです。
AQUAのブログから飛んできました。
懐かしいですね~
僕もこの本買っていました。
ギターは小6から弾き始めて現在も辞めずに弾いています。
当時の影響で今のお仕事しています。
僕にとってはこの本がこの仕事を選ばせたのでしょう。
これからも楽しみに拝見させていただきます。
Commented by J_minor at 2013-05-28 18:07
Yossyさん、お久しぶり・・・でしたっけ?すいません、おじさんは記憶力が弱くて・・・。

それにしてもこの本がきっかけで音楽の道に進んだのだとしたらすごいですねえ。

> ギターは小6から弾き始めて現在も辞めずに弾いています。

私もずっと続けてやっていたら、今頃セミプロ並の腕になっていたかもしれないですが、間がスカスカに抜けているのが困ったものです(笑)。

今後ともよろしくお願いします。


<< ギターを始めたときに超絶的に影...      ギターとの出会い >>