2013年 05月 31日

ギターを始めたときに超絶的に影響を受けたレコード

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。

バナナマンの日村勇紀は年収が約2億円ぐらいあるらしい。
ってことは「日村(ひむら)」を2億円の単位として使うと、年収6億の人がいるとしたら「3日村」ってことになる。
逆に年収500万だとすると「40分の1日村」ですねえ。

何か自分が「40分の1日村」っていう風に考えると、ちょっと落ち込む。
別に年収=自分の価値ってわけではないが、「日村の40分の1かあ」と思うと、何だかなあ・・・。

まあ、そんな話はともかくとして、前回はギターを始めたときに超絶的に影響を受けた教則本についてお話ししました。今回は「ギターを始めたときに超絶的に影響を受けたレコード」の方のお話をしたいと思います。
よかったら続きを読んでみてください。




f0281844_19151365.jpg

「ギターを始めたときに超絶的に影響を受けたレコード」とはこれです。
ステファン・グロスマンの「ハウ・トゥ・プレイ・ラグタイム・ギター」です。

当時は CD の時代じゃないですよ。直径が 30cm あるアナログの LP レコードの時代です(若い人は付いてきてくださいね)。

値段は 2,500円 してたんですねえ・・・。

f0281844_19153239.jpg

これはギター用の TAB譜(たぶふ)。一見手書き風だが、私が書いたものではありません。レコードに付いていたものです。

しかしこれがまたミスが多い。だから「逆」とか「複音」とかの、それこそ私の書き込みがありますね。
右下なんて、一部が丸々おかしかったらしく、私が書き直している。

というわけで、レコードからカセットに録音し、そのカセットを元に一生懸命耳コピーして音を取っていたわけです。暗い青春と言えます(笑)。

f0281844_19155131.jpg

もう一度書きます。先ほどのレコードの名前は「ハウ・トゥ・プレイ・ラグタイム・ギター」。
ラグタイム・ギターとは何かとかラグタイム・ギターの歴史とは何かとか・・・まあそういうのはあまり私もよく知らないから置いておくとして、要するに「ちょっと陽気なギターソロの曲」ぐらいに思ってください。

で、私にギターを教えてくれたこのTY氏がそのラグタイム・ギターなんぞに手を出してくれちゃったおかげで、まだ初心者でたいしてうまくもなかった私も一緒にラグタイム沼に足を踏み入れてしまったのです。

f0281844_19162720.jpg

当時の記録を見てみると・・・

       See That Girl Sitting On The Fence
       St. Louis Tickle
       A Salty Dog Rag
       Franklin Blues
       Kinklets Two Step
       Hard Hearted Hannah


などを次々に(耳)コピーしている( TAB譜は曲の一部しかなかったから)。




おっと、A Salty Dog Rag は YouTube にありますね。
そうそう、こんな曲だった。思い出したよ。

しかしこれらの曲のうちで現在弾ける曲は・・・ 1曲もない。
っていうか、当時でもロクに弾けてなかった。

どうもこの当時はコピーそのものを楽しんでいたようだ。つまりコピーする=パズルを解く・・・みたいな乗りですね。
で、コピーし終わるともう終えた気分になり、また次の曲に挑んでいた。

これではまともに弾けるようになるわけがない。
ああ、もったいない。何という青春の無駄遣いだろう・・・。

当時のギターソロの曲で今でも弾けるのは、中川イサトの「おやすみ漣君」と「陽気な日曜日」ぐらいかなあ(後者はすでに一部が怪しいけれども)。
興味のある方は YouTube で探してみてください。どちらも普通の人が弾いている動画がありますよ・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2013-05-31 18:23 | 今昔物語 | Comments(2)
Commented by Yossy at 2013-06-01 09:36 x
おはようございます。

わぁ~、懐かしい!!
意外なところ?でステファンのお話が!!

僕は幸運なことにステファンの音響をさせてもらったことがあります。
物凄く気さくで今も交流をさせてもらってます。
また、イサトさんとは北海道のツアー音響で3週間ほどご一緒させていただきました。

A Salty Dog Rag って僕も初めて弾いた曲です。
当時教則本を持ってなかったので必死で耳コピしました。
ラグタイムギター、いいですよね。
今ではトキオさんとか、はまだくんとお仕事させていただいていますが、やっぱり大好きなジャンルなのでお仕事忘れて楽しんでしまいます。
Commented by JunMorosawA at 2013-06-02 07:34
Yossyさん、おはようございます。

> 僕は幸運なことにステファンの音響をさせてもらったことがあります。

それはすごいなあ!当時の私にとったら神様みたいな存在ですからねえ!

> また、イサトさんとは北海道のツアー音響で3週間ほどご一緒させていただきました。

それもすごい!私も昔カワセ楽器で彼のミニコンサートを見た記憶があります(彼だったかどうか、もう半分忘れているんだけれども)。

> A Salty Dog Rag って僕も初めて弾いた曲です。

おっと!このあたりも私とよく似ていますね。私は See That Girl Sitting On The Fence が最初の曲でした。

> ラグタイムギター、いいですよね。

そうですねえ。今ではほとんど弾けないのだけれども、またやろうかなあ。
自分で取ったTAB譜も残っているんですよねえ。

> 今ではトキオさんとか、はまだくんとお仕事させていただいていますが、
> やっぱり大好きなジャンルなのでお仕事忘れて楽しんでしまいます。

本当に羨ましいですね。
私ももう一度20代のときみたいな情熱を取り戻してギターをやっていきたいです。


<< S.Yairi のギターを購入する      ギターを始めたときに超絶的に影... >>