2013年 06月 04日

S.Yairi のギターを購入する

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。

ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこちら です。最初としてはまあまあかなあ・・・。

さて、とりあえず 30年以上昔の私の青春時代(←こっぱずかしい単語だけれども)の話が続きます。

前回は、ギターを始めたときに超絶的に影響を受けた教則本について書きました。
今回は、当時の私にとっては高級ギターである S.Yairi のギターを購入したときの話を書きたいと思います。

よかったら続きを読んでみてください。




f0281844_188568.jpg

そんなわけで、19歳のときの同窓会で久しぶりに再会したTY氏の影響で突如ギターに目覚めた私は、横浜のスカイビル内にあった帝都無線というお店で 2万円のヤマハのギターを買ったのだった。

初心者にギターの良し悪しなど分かるはずもなく、その 2万円のヤマハのギターで十分満足していて、フォークソングを弾いたり、前回紹介したみたいにラグタイムギターを弾いたり、当時 NHK で放映されていたクラシックギター講座の中の曲を弾いていたりした。

フォークソングはともかく、コピーした曲をちょっと順に書いてみますね。

       カステーラのかおり (中川イサト)
       くよくよするな (PPM)
       Today (フォーク)
       See That Girl Sitting On The Fence (ラグタイム)
       A Salty Dog Rag (ラグタイム)
       マザー・ネイチャーズ・サン (ビートルズ)
       枯葉 (クラシック)
       陽気な日曜日 (中川イサト)
       アリスのレストラン (アーロ・ガスリ)
       禁じられた遊び (クラシック)
       追憶 (クラシック)
       月光 (クラシック)
       フォックス・グローブ (ブルース・コバーン)
       4+20 (CSN&Y)
       ロミオとジュリエット(クラシック)
       おやすみ漣君 (中川イサト)
       マリア・ルイサ(クラシック)
       アデリータ (クラシック)
       Hard Hearted Hannah(ラグタイム)
       レディ・ナッシング・トイ・パフ (ジョン・レンバーン)
       シェルブールの雨傘 (クラシック)


こうしてみると、案外クラシックが多い。最近の NHK はアコギの講座ばかりやるが(今年もつい最近まで「趣味Do楽・押尾コ―タロ―のギタ―を弾きまくロ―!」をやってましたね)、昔はクラシックばかり毎年のようにやっていたんですよね。

だから途中で一度安いクラシックギターも購入したのだけれども、いつ買っていつなくなったのか、全然記憶にない・・・。

f0281844_1881897.jpg

そして次に私がアコースティック・ギターを購入したのは、ギターを始めた翌々年の正月だった。

もちろんTY氏に付き合ってもらってお茶の水の石橋楽器に行き、S.Yairi の 12万円のギターを購入した。
まだ学生だった身としては 12万は大金。確か 1万ずつ 12回払いの月賦で買ったはずです。

数あるギターメーカーから S.Yairi のギターを選んだのもTY氏の影響だった。じつはTY氏も S.Yairi のギターを持っていたのだ。
そのTY氏が S.Yairi のギターを愛用していたのは井上陽水の影響かもしれない。初期の頃井上陽水は S.Yairi のギターを使用していたらしいから。

ちなみに S.Yairi というのは矢入貞夫という人名から来ている。貞夫矢入で S.Yairi というわけ。
もう一つ、K.Yairi というメーカーもあり、そちらは矢入一男という名前から来ている。

貞夫さんがすでに亡くなられているということもあって、 S.Yairi のギターをショップで見ることはほとんどなくなった。今ショップで普通に目にするのは K.Yairi のギターばかりだ。

f0281844_1882835.jpg

そしてそれから 30年以上、私は S.Yairi のギターひと筋で今日(こんにち)まで来ている。
最初薄かった表板が随分濃くなっているのが分かると思います。

これはそれだけ S.Yairi を愛してきた・・・とも言えるし、これ以上のギターを買いたいと思うほどには社会人になって以降ギターに熱中しなかったとも言える。
一方友達のTY氏は社会人になったあとにマーチンを 2台も 3台も購入しています・・・。

そんな私もこの歳になってギター熱が再燃してきて、流石に新しいギターがほしくなってきている。
今度買うギターは間違いなく一生もののギターになるはずだ。

でも恐らくマーチンは買わないと思う。さて、そのメーカーは?

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2013-06-04 18:10 | 今昔物語 | Comments(0)


<< 長い長い冬眠期間      ギターを始めたときに超絶的に影... >>