2013年 06月 12日

長い眠りを経てギター熱が復活する

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。

ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこちら です。最初としてはまあまあかなあ・・・。

さて、19歳の春(初夏)からギターを始めたものの、私の師匠格のTY氏が地元鎌倉からはなれていってしまったこともあり、徐々にギターや音楽から疎遠になってしまった私・・・。

やがては、年に数回、酔っ払ったときに手にしてギターをかき鳴らすだけ・・・なんて感じになってしまった。

そんな状態から去年(2012年)、突如復活!
そのきっかけになったものとは・・・。






「おやすみ漣君」(hashi2396)


きっかけになったのは、皆さんお馴染みの YouTube だった。

以前も紹介したとおり、20代の頃は随分ラグタイム・ギターを弾いていた。
中川イサトさんの「陽気な日曜日」もその中の 1曲だった。

20代の頃に弾いていたラグタイムは、もうそのほとんどが記憶から飛んでしまっていたが、「陽気な日曜日」だけはまだ覚えていた。

で、「もしや!」と思ってYouTubeで「陽気な日曜日」を検索。
やっぱりあった。残念ながら本人じゃないけれども、素人の人が弾いていた。

「中川イサトといえば『おやすみ漣君』っていうのも弾いたなあ」

とまた検索してみると、こちらも素人の方が弾いているのがアップされていた。上のがそれです。

これがきっかけになって「おやすみ漣君」を練習するようになった。
元々そんなにテクニック的に難しいという曲でもなかったんで、まあ何とかまたちゃんと弾けるようになった。



「ハナミズキ」(kachie5150)


続いてこの、kachie5150さんが弾いてる一青窈さんの「ハナミズキ」が目に留まった。
「ハナミズキ」は他にも何人かの人がソロギター用にアレンジして弾いているが、kachie5150さんのが一番弾きやすそうに(簡単そうに)見えた。

そこで私は kachie5150さん版「ハナミズキ」のコピーを始めた。

コピーっていうのは、実際に演奏しているのを耳で聴いて曲をマスターすることだ。
つまり音符の並んでいる譜面から音を取るのではなく、耳から音を取って曲をマスターするわけです。

だから耳コピー(耳コピ)と言ったりもする。

昔はレコードやカセットから音を取ったから、まさに「耳コピ」だった。どういう風に演奏しているかは見えないわけだから、音で「こうやって弾いているんだろうなあ」と判断するしかなかったわけです。

現在は YouTube で弾いているところを見ながらコピーできるわけだから、いわばこれは「目コピ」であり、昔のことを思えば楽なものです(百倍ぐらい楽)。

こんな風に曲をコピーするのは 20代以来のこと。とても新鮮だった。



やさしさに包まれたなら(南澤大介)


そしてこの YouTube で私は遂に南澤大介さんの存在を知る。
そしてすぐに南澤大介さんがソロギター界の巨匠であることも知る。

巨匠でも南澤大介さんの曲はとても馴染みやすい。
それは「サザエさん」「ルパン三世」などのアニメソング、「となりのトトロ」「いつも何度でも」などのジブリアニメソング、またビートルズの「イエスタデイ」「レット・イット・ビー」など、誰でも知っている曲をソロギター化しているからだ。

そんな彼の曲の中から、何故か私はこの「やさしさに包まれたなら」を気に入ってしまった。
そして「スリーフィンガーにメロディーが入っているだけだから、何とかなりそうだぞ」と「ハナミズキ」共々耳コピー(目コピー)を始めたのだった・・・。

f0281844_22281533.jpg

段々その気になってきた私は、20年ぶり以上って感じで JR御茶ノ水駅に降り立った。
御茶ノ水駅周辺には日本一の楽器屋さん街がある。そう、私は、

「いっちょ、ソロギター用の高級ギターを買うか!」

という気になっていたのだ・・・。


と・・・ここまでは去年(2012年)の話。

しかし何故かその後私のギター熱は急速に冷めていった。そして夏以降はまたほとんどギターを弾かなくなってしまっていた。
もちろん御茶ノ水でギターを買うこともなかった・・・。

f0281844_22283332.jpg


それが今年の 2月になって、また突如ギター熱が復活。
きっかけは何だったんだろう?この ソロギターのしらべ練習帳 というホームページの影響だろうか。

ここの管理人のコン太郎さんは南澤大介さんのソロギターに相当惚れ込んでいるようだった。「ソロギターのしらべ練習帳」というホームページのタイトルからそれが分かります。
実は「ソロギターのしらべ」っていうのは南澤大介さんの出しているCD付きの教則本シリーズの名前なのだ。

ここのホームページのよさは、管理人のコン太郎さんの練習の過程がそのまま残されていること。
結構初期のときのものも残っているから、それを聞くと「あっ、このくらいなら俺でも弾けるかも」と勘違いしてしまうのだ。

f0281844_2228478.jpg


そして 2月18日、遂に私も「ソロギターのしらべ」シリーズの「スタジオジブリ作品集」を購入。

こうして私もソロギターにはまっていったのであった・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2013-06-12 22:33 | その他・閑話 | Comments(0)


<< パソコンに生ギターの音を録音す...      長い長い冬眠期間 >>