2013年 06月 16日

パソコンに生ギターの音を録音するには・・・その1

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこちら です。最初としてはまあまあかなあ・・・。

前回お伝えしたとおり、今年の 2月18日に遂に「ソロギターのしらべ」シリーズの「スタジオジブリ作品集」を購入。ソロギターにはまっていった私。

せっかく練習して弾けるようになったら、それを録音しておきたいと思うのが人情というもの。
20代のときの私ならカセットテープレコーダーに録音しただろうが、今や時代はデジタルだ。写真と同じでパソコンに取り込みたいものですね。

それにはどうしたらいいか・・・今回はそんなお話です。




f0281844_7223736.jpg

もしあなたの使っているギターがエレアコ(エレクトリック・アコースティックギター)なら直接ケーブル(シールド)でつないで・・・なんていう手もあるとして、普通のアコースティックギター(アコギ)だった場合にはそうもいかない。

しかし普通の家庭にはマイクなどは転がっていないのが普通。
そこで一番簡単にパソコンに音を録る方法として、「録音」というより「録画」させてしまうという手がある。

つまりコンデジで録画してしまうのだ。
最近のコンデジの場合、こんなに ↑ 小さなものでも立派にハイビジョン動画が録れる。動画を録れば当然音声も録れる。




「君をのせて」一部

ちょっと私もコンパクト・デジカメ(ソニー DSC-TX7)で録画したものをパソコンに入れてみました。
宮崎アニメの「天空の城ラピュタ」で使われた「君をのせて」のごく一部です。

一度パソコンに入れることができればあとは簡単。今の時代、いろいろなソフトで YouTube にアップロードすることができるから、このように世界に向けて威風堂々と(?)公開することも可能です。

しかし・・・結構まともに録れるデジカメもあるようだが、私の持っているこのソニーのデジカメはあまりいい音で録れない。皆さんも多分バックの「サー」というノイズが気になったと思います。

f0281844_7225448.jpg

じゃあどうしたらいいのか。
「そうだ、吉野家で牛丼を食おう」とは普通ならず、「そうだ、マイクで録ろう」ってことになる。

で、アマゾンで調べてみたら、これが人気があるようだった。

        audio-technica ダイナミック型ボーカルマイクロホン AT-X11

おお安い!これなら貧乏中高年の懐にも優しい!
なんたって参考価格が 10,500円なのに、実売 2,227円ですからねえ。ものすごく得した気分だ。

f0281844_7241439.jpg

というわけで早速購入。
アマゾンは早い。夜に注文しても翌々日のお昼にはもう配送されてきた。

マイクが思ったよりもでかいんでびっくり。見た目の迫力は 2,227円以上ですね。

f0281844_7242784.jpg

で、早速パソコンにつないで録音してみた。

うちのパソコンには「マイク」と「ライン入力」の 2つの端子があるのだが、とりあえずその名も「マイク」につないでみた。

f0281844_7243716.jpg

ところがどうもおかしい。録音ソフト(後日紹介します)で見るとご覧のように波形がほとんど表示されない。つまり入力が小さ過ぎるということだ。

f0281844_7245558.jpg

そこでしょうがなく録音ソフトで強制的に音を大きくしてみた。
まあ確かに波形は大きくなった。

ちなみに下の波形が横棒状態なのは、パソコンのマイク入力端子がステレオであるのに対してマイクの出力がモノラルだからだ。




ダイナミック型マイクを直接パソコンにつないでみたものの・・・

とりあえずこうして録音したものを YouTube にアップロードしてみた。
どうですか、これ。デジカメで録音したものよりも、更にノイズがひどい・・・。

音もモノラルでギターの音が左側からしか聞こえてこないはずです。

ああ、なんということでしょう!ショックですう!
というわけで、後半に続きます。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2013-06-16 07:32 | ギター&音楽グッズ | Comments(0)


<< パソコンに生ギターの音を録音す...      長い眠りを経てギター熱が復活する >>