2013年 11月 06日

ドルフィンギターズ 恵比寿店

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。

5月20日に開設して以来着々とネタが増えているせいか、ここのところ訪問者数がやや増えています。

特に昨日は73人という開設以来一番多くの方に訪問して頂きました。それの リンク元URL を調べてみたら、1位が Yahoo! で33人、2位が Google で 16人でした。ブログ村から来る人よりも検索エンジンから来る人の方が多いんですねえ。ちなみに 現在のブログ村の順位はこんな感じ です。

さて、せっかくその気になって 新岡ギター教室 さんにフォルヒを注文したものの、ほんの数日の差で買い損なってしまった私・・・。。

次の生産はほぼ 10周年記念モデルに向けらるということで、通常のラインのものは来年 3月以降になる可能性があるという。
こうなるともうフォルヒには縁がなかったと考えるべきか・・・。

興味のある方は続きをどうぞ。



f0281844_1745351.jpg

新岡さんからフォルヒを買うことができなくなってしまってがっかりしてしまった私は、それでも諦めきれずにネットでフォルヒの情報を収集していた。

そういえば新宿の楽器屋さんで OM23-CRCT を試奏したとき、相手をしてくれた店員さんが「東京でフォルヒが置いてあるのはうちとドルフィンギターズさんぐらいですかねえ」と言っていたっけ。

でもたしか ドルフィンギターズ にもフォルヒの 23シリーズ(一番売れ筋のシリーズ)の在庫はほとんどないんだよなあ・・・と思いつつ調べてみたら・・・、何と元々 OM よりもほしかった G23-CRCT が「在庫あり」になっているではないか!

おかしいなあ。前は確かに「SOLD」になっていたはずなのに。
そして今フォルヒは品不足だから、簡単には入って来ないはずなのに。

でもこれで縁が復活したことになる・・・。

f0281844_17452420.jpg

というわけで早速私はドルフィンギターズに向かってみることにした。新宿の時と同じく「まあ試奏だけでいいや」っていう乗りで。

ドルフィンギターズの東京店舗は JR恵比寿駅の近くにある。
鎌倉から恵比寿は遠いように感じるが、湘南新宿ラインに乗れば直接行けるから、遠いようで近い場所だったりする。

恵比寿駅に到着したら西口に下りる。
するとすぐに広い道路が見えてくる。駒沢通りだ。駒沢通りを南西に 3分ほど歩くとドルフィンギターズのある本間ビルが現れる。

f0281844_17453496.jpg

本間ビルはそんなに大きなビルではない。そこの 4階にあるわけだから、ちょっと・・・いやかなり、小心者の私には入りにくいイメージだ。
というわけで会員制の秘密クラブに向かうような気分でエレベーターに乗った・・・。

f0281844_17454528.jpg

あっという間に4階に。
狭いビルってこともあり、エレベーターを出るといきなりお店の入口って感じ。

「こんにちは」と言いながら中に入っていった。
すると右奥のレジの方に店員さんが 1人いて、「いらっしゃいませ」と私に声をかけてきた。

しかし特に近づいてくる様子はない。

入口の正面近くに防音室があり、中で先生と生徒が 1対1 でレッスンを受けているようだった。
それ以外の音は一切していなかった。つまり音楽などは流れていなかった。ビルの 4階ってことで外からの音も聞こえてこないし、とても静かな店内だ。

その静かな店内に所狭しとギターが並んでいた。ウクレレも多少あったけれども、基本的にギターのみだ。
それもエレギは一切ない。多分クラギもなかったはず。

つまりアコギのみ。
更に、1~2万の安いギターは 1台も置いてないように思えた。そんなのを求める客はきっとここには来ないのだろう。

というわけで、一般的な楽器屋とは性格を異にしたプロショップという印象だった。

f0281844_1746067.jpg

手前の目立つところにフォルヒのギターが 3台並んでいた。

一番手前にあったのが 399,000円の OM25-SHCT、奥にあったのが 238,000円の G24-CGCT。その 2本にはさまれてお目当ての G23-CRCT(210,000円)が置いてあった。

さて、いつもの私ならこんな環境にビビッてしまって試奏もせずにUターンしてしまったかもしれない。何しろ小心者ですからね。

しかしこの日は多少の決意があった。
そう。迷っている場合ではない。今日は最低でも新宿のときのように試奏して店員さんと会話する・・・そう決意してきたはずだ。

そこで、相変わらずレジのところにいたスタッフに「すいません。このフォルヒ、ちょっと弾かせてもらってもいいですか?」と声をかけた。

するとその男性が「はい」と返事をしてレジから私の方に近寄ってきた。

「こちらにどうぞ」と案内されたのは店の奥。周囲はぐるりと全てギターって感じで、真ん中にぽつりと丸テーブルが置いてあって、椅子が 3つほど並んでいた(1つ前の写真にその椅子が少しだけ写っていますね)。

彼は早速 G23-CRCT のチューニングをし始めた。
その動作は実に手早かった。

チューニングの終わったギターを彼が「どうぞ」と手渡してくれる。しかも手渡したあとにすぐに元のレジの方に戻っていった。
「ご自由に試奏してください」ってことなのだろう。いい配慮ですね。

というわけで早速 G23-CRCT をぽろろんと弾き下ろす。

おお!なんだ!!この音は!!!

(つづく)

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2013-11-06 17:47 | ギター&音楽グッズ | Comments(2)
Commented by アルペジロー at 2013-11-06 23:35 x
おっと、ついにドルフィンに行ってしまいましたね^^
しかも在庫があったのはOMではなくてG。
私が前回、
> しかしOMも在庫切れとは・・・待っている間に気が変わっちゃったりして^^;
と書いたのは実はそういう意味で、OMもGも在庫がないという条件は同じになったので、Gが先に見つかればそっちに行っちゃうのではないかということでした。
さて、続編が気になります・・・
Commented by J_minor at 2013-11-07 07:08
アルペジローさん、こんにちは。

> おっと、ついにドルフィンに行ってしまいましたね^^

そう。遂に行ってしまいました。つい先日まで名前も知らないお店でしたが・・・。

> Gが先に見つかればそっちに行っちゃうのではないかということでした。

なるほど。そういう意味でしたか。
で、そのGが見つかってしまった。「これはもう」みたいな展開ですね、今回(と他人事のように)。

> さて、続編が気になります・・・

期待してください(笑)。


<< ドルフィンギターズ 恵比寿店 後編      遂にフォルヒを注文!・・・しか... >>