2014年 04月 04日

ZOOM H4n だけで「22才の別れ」のイントロの録音に挑む

おひさしブリーフ・・・。
ブリーフを履かなくなって久しい J minor(ジェー・マイナー)です。

ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。去年の 5月20日に開設して以来もう時期丸一年。着々とネタが増えているせいか、ここのところ結構いいところにつけています。
現在の順位はこんな感じ です。

さて今回は ZOOM H4n の MTR機能を使って「22才の別れ」のイントロの録音に挑んでみました。
ご笑覧くだされば幸いです。




f0281844_1941160.jpg

春の観光シーズンになったせいで観光地で働いている身としては流石に多少は忙しかったり、また消費税が上がってしまったりしてどたばたしてたり、ちょっとソロギターに行き詰っていたり、いろいろあって更新が少し遅れていました。

そんなときでも季節は勝手に巡ります。そして私の地元鎌倉は今が桜の盛りです。

これは今朝写した写真で、手前のお寺は鎌倉五山の一つの浄智寺。
朝方は霧雨の降るあいにくの天候でしたが、バックの山桜との組み合わせがなかなか良いですね。

f0281844_1942677.jpg

さて先日購入したこの ZOOM H4n には MTR 機能が付いている。

MTR とは Multi Track Recorder のことで、その名のとおりいくつもトラックがあり、例えばトラックA にサイドギターを入れて、トラックB にリードギターを入れて、トラックC にボーカルを入れて・・・というようなことが 1人でできるわけです。

f0281844_19131226.jpg

あと ZOOM H4n には、コーラス、フェイザー、ディレイ、リバーブなど、スタジオクオリティのDSPエフェクト 50種類が内蔵されています。
そしてまたこれらのエフェクトは MTRモードじゃないと使えないときています。

だったら MTRモードで少し遊んでみようじゃないかってことにもなりますよね~。

四国に住んでいる初老の方に、「48 : AG Ensemble(ENSEMBLE)」というエフェクトをかけたギターの音を聴かせたら、「このエフェクトなら『ホテル・カリフォルニア』か『22才の別れ』が合うんじゃないかなあ」ってことでした。

「ホテル・カリフォルニア」はともかく「22才の別れ」のイントロぐらいなら簡単にできそうだなあ。
いっちょ、やってみるか・・・。

f0281844_1951469.jpg

「22才の別れ」はフォークデュオ「風」のデビューシングル曲で、1975年に発売されたときに大ヒットを飛ばした。

印象的なリード・ギターを担当しているのは、アコギ界の生きるレジェンド、石川鷹彦先生だ。

石川鷹彦(いしかわたかひこ)さんは、吉田拓郎、かぐや姫、風、イルカ、アリスなど数多くのミュージシャンのバック・ギタリストとして 1970年代のフォーク、ニューミュージックシーンにおいて数多くの実績を残した人です。

2009年の春に NHK で「趣味悠々・フォークギター再入門」というのが放映されたのですが、そのとき講師を務められたのが石川鷹彦さんで、その番組の中でも実際に「22才の別れ」のリードを弾いています。

さて、ZOOM H4n の MTR は 4トラックMTR だ。つまりトラックが4つある。
といってもモノラルの 4トラックだから、ステレオとして使うと 2つでいっぱいになってしまう。

そこでこんな感じで行こうと計画した。

       トラック1 → リードギターL (ステレオで使用)
       トラック2 → リードギターR (ステレオで使用)
       トラック3 → サイドギターL (モノラルで使用)
       トラック4 → サイドギターR (モノラルで使用)

トラック3 とトラック4 にはサイドギターを入れるのだが、これはモノラルで 2度録音して、片方を左に、片方を右に配置することにした。

一方リードはやはりいい音で聴かせたいからステレオで録りたいってことで、トラック1 とトラック2 を両方使っちゃいます。
そのそも「48 : AG Ensemble(ENSEMBLE)」というエフェクトをかけた場合、エフェクトの出力はステレオですからね。これをモノラルにしてしまったらもったいないから・・・。

f0281844_1952423.jpg

ZOOM H4n には「ステレオモード」「4CH(チャンネル)モード」「MTRモード」の 3つのモードがある。まずはメニューから MODE を選んで MTR を選択します。

f0281844_1953529.jpg

するとこんな風に 4トラックMTR っぽい表示になります。数字の下の円いのは PAN の状態を表しています。
PAN っていうのは、その音を右から出すか左から出すか、みたいなことです。今は全部上を向いているから「真ん中」ですね。

f0281844_1954692.jpg

さて、先ほど書いたとおり、トラック1 とトラック2 にはリードギターを入れるのだが、これはいい音で聴かせたいからステレオで録りたい。
ステレオで録るためには トラック 1 と 2 のステレオリンクを有効にしなければならない。

というわけでトップ画面からトラックメニューアイコンを選んでダイヤルを押し、ステレオリンクを ON にします。

f0281844_1955655.jpg

するとディスプレイのイラストも 1 と 2 がつながった形になる。まあこのあたりは分かりやすいですな。

f0281844_196780.jpg

これでやっと準備完了。録音にかかる。

リードギターは当然フラットピックで弾く。だったらそれに合わせてサイドギターもフラットピックで弾こう・・・と思い立ったものの、何しろフラットピックによるスリーフィンガー奏法は久しぶりなんで、イントロの短い部分なのに、ノーミスで演奏するのに結構苦労した。

考えてみるとここのところずっとフィンガースタイルのソロギターしかやってなかったからね。
フラットピックで、しかもテンポの速いスリーフィンガー奏法なんて、本当に久しぶりなんだ。

というわけで苦労しながら トラック3 と トラック4 にそれぞれサイドギターを入れたあと、今度は トラック1 , トラック2 にステレオでリードギターを入れ、何とか完成。

f0281844_1961948.jpg

さて、これで 4つしかないトラックをギターだけですべて使ってしまった。ボーカルはどうすんの?ってことになる。

そこでまずは 4つのトラックに録音したやつをミックスダウンしてファイル化します。これを BOUNCE って言うんですねえ・・・。

f0281844_1963237.jpg

そして次に トラック1 とトラック2(または トラック3 とトラック4)を KARAOKE にすることで、そこにステレオ化されたさっきのファイルを読み込むことができるんですよ。
もちろんこの設定をすれば、WAVファイル形式のカラオケの音源やプロの演奏などをパソコンから持ってきて読み込ませることもできますよ。

で、余っているトラックにボーカルを入れればいいというわけ。もちろんほかの楽器の音を加えたりすることもできます。

そして理論的にはこれを繰り返すことで、いくらでも音を重ねることができます。

ところがここで問題発生。

カラオケ設定にしてしまうとエフェクトが使えないじゃん!
これじゃボーカルにエフェクトをつけられないじゃん!

なぜこんな制限があるのか、どうもよく分からん。MTRモードなのだから使えて当たり前なのに・・・。

しょうがなくエフェクトなしでボーカルを録りました・・・。




前置きがとてつもなく長くなってしまいましたが、こうして ZOOM H4n のみでとにもかくにも「22才の別れ」のイントロの録音に成功しました。

いやいやいや。しかし、リードが情けない!
これでも本人、相当力強く弾いたつもりなのに、やっぱりひ弱なのかなあ。迫力がまるでない。

石川鷹彦先生なんて、ギター全体をがしがし揺らしながらビブラートをかけていたりしたのになあ・・・。

あと、弦もちょっと古くなってきているかな?いくらエリクサー弦とはいえ、去年の11月1日に張ったやつですから・・・。

それと、サイド左、サイド右、リード、ボーカルと 4回録音したため、4回分の生活音や雑音も入っちゃってますねえ。これはしょうがないけれども。

ま、しかし、いろいろ制限はあるものの、こうして ZOOM H4n だけで高音質の作品ができるのは立派なものですね。
リードなんてモノラルで録ったのに、左右に置いたせいか、十分ステレオ効果があるしね。ちょっと嬉しい。

だけどさ・・・。

ここまで読んでくださった人たちはきっとこう思うでしょうね。

       めんどくさそう!

そう。正直私もそう思います。
MTR の知識のない人には、ちょっとしんどいかもしれない。

もし「22才の別れ」をもっとちゃんと録音したいと思う日が来たならば、多分私も ZOOM H4n でやらずにパソコン・ソフトの MTR機能を使ってやるな。
その方がずっと簡単そうだもの。

あくまで ZOOM H4n の MTR機能は「おまけの機能」と考えるべきでしょうねえ。

だけど一方で、結構楽しかったですよ。「おもちゃ」としては十分遊べます。
なんたって本体だけでこれだけ楽しめたんですからね。

というわけで長文におつきあいくださいまして、ありがとうございました。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2014-04-04 19:17 | フォーク・弾き語り | Comments(24)
Commented by えのやん at 2014-04-04 20:29 x
J minorさん、待ってましたよ~!!!!!!

サイドギターRが入ってきて、ふわーーって音場が広がった瞬間、なんかもうゾクゾクってしました
リードが入って、ボーカルがきて、「おおおおおーーーこれいいぞーーーー!」って思ったら、・・・・終了しました(^◇^;)
もっと聞きたかったけどなあ
サイドギター、これフラットピッキングって言うのですか?自分はこれ出来ません
いつもスリーフィンガーで弾いてますが、やっぱりピックの方が良い音ですね~

MTRモード、J minorさんが言われるとおり結構めんどくさそうで、パソコンソフトの方がずっと簡単かもしれませんね
H4n発売がちょうど5年前なので、まだDAWソフトが今ほど一般的じゃなかったのかもしれませんが、スタジオ練習などPCの無いとこだと便利なんでしょうね

しかしJ minorさん声が若いなあ・・・「初老の方」うらやましがってます
Commented by かも at 2014-04-04 20:53 x
J-minorさん、こんばんは!
いやぁ~ 機材の説明を聞いてもチンプンカンプンで・・ 情けない限りです(>_<)

フラットピックでの伴奏、難しそうです。
私だったら、ぜったい違う弦にあてちゃうか、かすりもしないかのどっちかですね~(^^ゞ
リアルタイムのフォーク世代ではないのですが、いい感じに仕上がってますね♪
柔らかい感じのボーカルも、いいなぁ~
私がやったら..... あっ 音痴なので憧れるだけにします。

ソロギターもいいけど、弾き語りも憧れるなぁ~
Commented by J_minor at 2014-04-04 21:49
えのやんさん、こんにちは。

> サイドギターRが入ってきて、ふわーーって音場が広がった瞬間、なんかもうゾクゾクってしました

ちょっとここ、いいでしょう?実は私もそう思ってたりして(笑)。

> もっと聞きたかったけどなあ

すんませんねえ。ま、今回は ZOOM H4n の MTR の実験ってことで、お許しを・・・。

> いつもスリーフィンガーで弾いてますが、やっぱりピックの方が良い音ですね~

ですね。やっぱり音がはっきりとしますね。
逆にこのあと指で弾くと、ちょっと萎えます(苦笑)。

> MTRモード、J minorさんが言われるとおり結構めんどくさそうで、パソコンソフトの方がずっと簡単かもしれませんね

ぶっちゃけ、そう思いますよ。そんなこともあって、えのやんさんから教わった「あのソフト」にも少し手を出しています。

> J minorさん声が若いなあ・・・「初老の方」うらやましがってます

またまた。以前聞いた限りでは、お世辞抜きでえのやんさんの方がうまいです。
きっとそのうちブログであの美声を聞かせてくれるものと信じておりまする、鎌倉の初老は・・・。
Commented by J_minor at 2014-04-04 21:49
かもさん、こんにちは。

> いやぁ~ 機材の説明を聞いてもチンプンカンプンで・・ 情けない限りです(>_<)

やっぱ、MTR を使ったことのない人には分かりにくかったかな?
実際私も相当悩んだし・・・。

> フラットピックでの伴奏、難しそうです。
> 私だったら、ぜったい違う弦にあてちゃうか、かすりもしないかのどっちかですね~(^^ゞ

それが問題で、実は何度も失敗しております(笑)。

> 私がやったら..... あっ 音痴なので憧れるだけにします。

そんなこと、きっとないって。えのやんさんと同じで、自分でそう思っているだけだって。
私なんぞ、カラオケで「うまい」って言われたこと、一度もないもの。

> ソロギターもいいけど、弾き語りも憧れるなぁ~

たまにはいいですよね。自己陶酔にはもってこいです(笑)。
Commented by アルペジロー at 2014-04-05 00:11 x
おぉ~かっちょえぇ~です。
しかし、これから盛り上がるぞってところで終わっちゃってずっこけました(笑) いつかフルコーラス聞かせてください。

実は私も石川鷹彦さんの趣味悠々は偶然見ていて、その時はギターすら持っていなかったのですが、チャンネルを回している時にたまたま見つけたという感じです。そして22歳の別れを聞いて感動してその年の暮れにギターを購入しました(笑)
でも22歳の別れを弾いたことはありません(爆)
Commented by J_minor at 2014-04-05 07:24
アルペジローさん、こんにちは。

> おぉ~かっちょえぇ~です。

ありがとうございます!

> しかし、これから盛り上がるぞってところで終わっちゃってずっこけました(笑)

すんまへん!

> いつかフルコーラス聞かせてください。

多分近い将来必ずやります。

> 実は私も石川鷹彦さんの趣味悠々は偶然見ていて、

おお!見ていたんですか!

> そして22歳の別れを聞いて感動してその年の暮れにギターを購入しました(笑)

ということは購入のきっかけになった曲なのですね!

> でも22歳の別れを弾いたことはありません(爆)

それはもったいない。是非そのうち弾き語りに挑んてみてくださいね♪
Commented by at 2014-04-05 15:57 x
J minorさん
楽しく読ませてもらいました!
22才の別れは大好きな曲です
演奏も唄もよかったよ
今日は美味しい酒が飲める~いつもですが(;^_^A
Commented by J_minor at 2014-04-05 17:55
敏さん、こんにちは。

> 22才の別れは大好きな曲です

そういえば比較的年齢が近かったですよね。
やっぱりフォーク世代にはたまらない曲ですよね。

> 演奏も唄もよかったよ

すいません。あんな短いので。そのうち必ず長いの、やりますから。

> 今日は美味しい酒が飲める~いつもですが(;^_^A

私は最近ちょっと控え気味にしてます(苦笑)。
Commented by ちーぼー at 2014-04-05 19:09 x
J_minorさん、こんにちは!

桜、綺麗ですね♪
演奏も歌声も素敵です\(^o^)/

私もチンプンカンプンですが(^_^;)
4回録音して合わせたって事よね?
大変そうですね~~!
使いこなすなんてJ_minorさん、すごいな!!!
Commented by フォルピー at 2014-04-05 19:37 x
J minorさん ひさびさ!

お仕事、大変だったんですね
お疲れ様でした

>いやぁ~ 機材の説明を聞いてもチンプンカンプンで・・ 情けない限りです
私もかもさんと一緒。。。
途中から飛ばしてしまいました(苦笑)

でも、ホント良い音!
久しぶりで心地よくさせてもらいましたよ

ありがとうございました!
Commented by J_minor at 2014-04-05 21:42
ちーぼーさん、こんにちは。

> 桜、綺麗ですね♪
> 演奏も歌声も素敵です\(^o^)/

ありがとうございます!

> 私もチンプンカンプンですが(^_^;)
> 4回録音して合わせたって事よね?

そのと~おりです!ご理解いただけたようで、何よりです。

> 使いこなすなんてJ_minorさん、すごいな!!!

昔カセットテープレコーダーの MTR を使っていたことがあるんで分かるのですが ひょっとしたらちーぼーさんはカセットテープも知らない世代かな???
Commented by J_minor at 2014-04-05 21:43
フォルピーさん、こんにちは。

> J minorさん ひさびさ!

おひさです!

> お仕事、大変だったんですね
> お疲れ様でした

まあ大変とはいっても自営業なんで、えのやんさんほどの地獄じゃないですけどね(笑)。

> 私もかもさんと一緒。。。
> 途中から飛ばしてしまいました(苦笑)

あらま、そうでしたか。
ってことは、ひょっとしたら全部理解できたのはえのやんさんだけだったりして?

> でも、ホント良い音!
> 久しぶりで心地よくさせてもらいましたよ

ありがとうございます!
そのうちもっとちゃんとやりますので、今回はこのあたりでご勘弁を!

でもソロギターもいいけれども、こうやって1人でフォークソングで遊ぶのも、よいね♪
Commented by おやじベースマン at 2014-04-06 11:17 x
こんにちわ~~!
22才の別れ、大好きです。

ソロギターをやるようになって、この曲のイントロを自分でアレンジしてソロでやってみたんですが、めっちゃムズイですわ。
オルタネイトベースの4泊の間にタララタララって3泊がはいるんですもん。
ドラムの人に説明したら、目むいてました。

年度末のばたばたも落ち着いてきましたね。
是非今度はフルコーラスでアップしてくださいまし。
Commented by フォルピー at 2014-04-06 17:18 x
「22才の別れ」
初めて弾いてみました

Em⇒Em/D⇒C⇒D⇒Em
ベースラインがカッコいいですねー!
そしてリードへ・・・・・ん?

>いやいやいや。しかし、リードが情けない!
>これでも本人、相当力強く弾いたつもりなのに、やっぱりひ弱なのかなあ。迫力がまるでない。

J minorさんって、もしかしてプレーン弦でリード弾いてます?

自分は3弦9F⇒11F⇒12F⇒2弦12F⇒10F⇒3弦12F⇒12F⇒11F⇒9F
コモリ気味で哀愁プンプンって感じです
Commented by J_minor at 2014-04-06 17:19
おやじベースマンさん、こんにちは。

> ソロギターをやるようになって、この曲のイントロを自分でアレンジしてソロでやってみたんですが、めっちゃムズイですわ。

この曲をソロギターでやるのは難しそうですよねえ。

そういえば倫典さんもやっているけれども、難易度B。もう倫典さんの曲は手を出したくないわ(苦笑)。

> 是非今度はフルコーラスでアップしてくださいまし。

そのうちきっと挑んでみます。多分少しだけ変なアレンジをして・・・。
Commented by J_minor at 2014-04-06 17:41
フォルピーさん、こんにちは。

> 「22才の別れ」
> 初めて弾いてみました

おお!挑みましたか!

> J minorさんって、もしかしてプレーン弦でリード弾いてます?
> 自分は3弦9F⇒11F⇒12F⇒2弦12F⇒10F⇒3弦12F⇒12F⇒11F⇒9F

なるほど。面白い。こもった音が印象的ですね。

私は 2弦5F⇒7F⇒8F⇒ って感じの弾き方ですねえ。

じつはNHK「趣味悠々・フォークギター再入門」は録画してあるんですが、石川鷹彦先生も一応2弦でやっています。

ただその弾き方が尋常じゃない。左右のビブラートじゃなく、上下の派手なビブラートで、ものすごい力強さで弾いています。

どうも非力な私にはあれができない。少し思い切りやっていたら、指先が痛くなってしまった(苦笑)。

ああ。情けない。

でもまたそのうち必ず挑んでみます。
Commented by コン太郎 at 2014-04-06 19:38 x
こんばんわ~。
いいですね♪ まさに音楽を楽しんでいますね^^
雰囲気ばっちりでしたよ。みなさま書いているように、フルバージョン楽しみにしています!
Commented by えのやん at 2014-04-07 12:28 x
J minorさん、勢いで「赤い屋根」あっぷしたいました
なんとこの先第3弾まで歌もの続きます
Commented by J_minor at 2014-04-07 17:10
コン太郎さん、こんにちは。

> いいですね♪ まさに音楽を楽しんでいますね^^

ありがとうございます!
でもこれって、ソロギターに行き詰っている証しかも?

> 雰囲気ばっちりでしたよ。みなさま書いているように、フルバージョン楽しみにしています!

そのうち必ずやりますよ!
Commented by J_minor at 2014-04-07 17:12
えのやんさん、こんにちは。

> J minorさん、勢いで「赤い屋根」あっぷしたいました

おお!出たな!とうとう全面公開ですね!

> なんとこの先第3弾まで歌もの続きます

どうしたの、急に?春だから?
Commented by えのやん at 2014-04-07 17:38 x
春だから、というより春なのにまだ忙しい・・ことの反動かにゃ

ギターでもだけど、なんかものすごく構えちゃって、ある程度弾けないと絶対に出さない!って姿勢を変えたくて(笑)

ですから「歌もの」は、下手は下手でよい!!って決意の形です

でも、どうしてもファンクラブに入りたかったら、いれてあげてもエエよ(^◇^;)

Commented by J_minor at 2014-04-07 21:00
えのやんさん、こんにちは。

> ギターでもだけど、なんかものすごく構えちゃって、ある程度弾けないと絶対に出さない!って姿勢を変えたくて(笑)

なるほど。分かる気もします。
ブログやっていると、力、入り過ぎちゃうところ、ありますよね。

ただ私の場合で問題なのは、今やっている曲、以前だとフォルヒ G23-CRCT で弾くと「いい音だなあ!」って気持ちで楽しく演奏できたのに、最近は、

いい音が出てない・・・とか、
アラスカピックが引っかかる・・・とか、
感情が入ってない・・・とか、

弾いていてあまり楽しくないこと。えのやんさんじゃないけれど「音楽」が「音が苦」になってしまっている。

「これではいかんなあ」思って「22才の別れ」やったんですけれど・・・。

> でも、どうしてもファンクラブに入りたかったら、いれてあげてもエエよ(^◇^;)

あっ、それはいいです(爆)。
Commented by えのやん at 2014-04-08 10:02 x
>「音楽」が「音が苦」になってしまっている
それもよくわかるし、ここだけの話ですが、僕はそんなときに限ってギターを買ってしまう・・
もっと、ここだけの話ですけど、弾いてるより機材やギター選んでるときの方が100倍楽しい・・です
「歌もの」だって、楽しさで言えば、弾くよりずっと楽しいけど、悲しいことに思ったように音(声)が操れない・・まあこれも結構ストレス
ギターが辛くなったのは「時の流れ」ではじめて経験しました
たった2カ所ですが、指がうごかんのです
4ヶ月でもう何百回もおなじとこ弾くのですが、動きませんです
あきらめて次に行けばよいのに、なんかこだわって次に進めないし・・で、八方ふさがり(笑)
オカザキリンテン恐るべし、ソロギターの目を摘んでゆく・・(冗談ですよ~)

>あっ、それはいいです(爆)。
今なら即会長なのに・・・・・
Commented by J_minor at 2014-04-08 18:21
えのやんさん、こんにちは。

> 弾いてるより機材やギター選んでるときの方が100倍楽しい・・です

なるほどねえ。分かるような気がする。
少なくとも20代のときの私が、使いこなせもしないのにシンセやパソコンなどにいくら散在したことか・・・。
って、ヤマハのSY77って、定価は30万かあ。アホなもん買ってたよなあ。

今はあんまり物欲はないかも。もっとも、単に金がないだけの話しかもしれない(苦笑)。

> 「歌もの」だって、楽しさで言えば、弾くよりずっと楽しいけど、悲しいことに思ったように音(声)が操れない・・

これは贅沢でっせ。あれだけ歌えれば十分でっせ。

それに、決してお世辞じゃなくて、ギターも絶対に私とはレベルが違うほどうまい。「黄昏」を聴いてそう感じました。
20代のとき、どうしても抜けなかったTY氏を思い出しました。

> ギターが辛くなったのは「時の流れ」ではじめて経験しました

そのえのやんさんが倫典さんの「時の流れ」でここまで悩んでいるんだから、やっぱりあの人ってすごいんだなあ・・・。

さて、今晩は飲めないから、大人しく練習でもしていよう・・・。



<< ZOOM H4n をオーディオ...      秘密兵器 ZOOM H4n 登場! >>