2014年 12月 21日

1976年、19歳の夏から秋、ギターと格闘する

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_939458.jpg

禁酒・・・じゃないな、減酒、続いていますよ。今のところきっちりと週3日に抑えています。
我ながらちょっと立派です。ちょっとだけ自分を褒めようと思います。

ちなみに私は赤ワイン党です。スーパーで 900円以下の安物を買ってきて飲んでいます。
寒い冬は夕飯の前に熱燗を少々飲みます。で、夜は赤ワインに切り替えるのです。

ただこれから魔の正月がやってきます。そこで正月の三が日だけは「よし」としました。そうしないと人格が崩壊してしまうかもしれないから・・・。

さて、1976年(昭和51年)、私が 19歳のときの昔話が続きます。
よろしかったらお付き合いください。




f0281844_9395646.jpg

友達の TAKESHI氏の影響でギターの練習を始めたのは 1976年(昭和51年)の 6月6日。19歳の梅雨時のことです。
忘れもしない、早稲田大学主催のフォーク・コンサートが共立講堂で行われ、そのあと彼の家に出かけて教わったのが最初でした。

ちょっと当時の日記を振り返ってみましょう。


6月6日

共立講堂にコンサートを見にいったあと TAKESHI氏 の家に行き、陽水の「夢の中へ」のコードを教わり、コードストロークで弾く。


6月13日

「妹」のスリーフィンガーを教わるが、コードが難しくてマスターできず。


7月6日

「別冊ヤングフォーク」の「初心者のための <YUMIN> フォーク・ギター教室」を買う。本格的にギターに取り組む大きなきっかけとなる。


7月9日

陽水の「心もよう」をスリーフィンガーで形だけ弾けるようになる。しかしコードチェンジのとき、かなり間が開いていた。


8月17日

カポを着けてなら F が出るようになる。しかしそれは押さえて音が出るようになったということで、コードチェンジという点に関してはまるでダメだった。


8月24日

右手の動きや左手を見ずに弾く練習をする。またコードチェンジでは Am から Dm に手こずった。


9月2日

相変わらず Am から Dm へのコードチェンジ、うまくできず。


9月6日

やっと Am から Dm へのコードチェンジがスムーズに行くようになる。F は相変わらずだ。
このあたりから 10月半ばまで低迷する。


10月16日

バレーの F がほぼ何とかチェンジできるようになる。


10月17日

不規則な「赤ちょうちん」のスリーフィンガーをマスター。


11月1日

TAKESHI氏と初めてツインギターで録音。F が他出する彼のオリジナル曲「ひぐらし」をアルペジオで弾く



こうしてみるとバレーコードの F をマスターするのに、4ヶ月もかかっているね。
これは平均的なのか、遅いのか、どっちでしょう?

あと Am から Dm へのコードチェンジに苦戦していたのは意外だな。
だって人差し指と中指は同じ形のまま下に 1つずらし、小指を加えるだけなのにね。

ひょっとしたら、一度指を全部離してしまって、改めて 1本1本置こうとしたいたのかもしれない。
タイムスリップして、このときの自分に指導したい気分だよ。


で、ちょっとここに注目してみてください。

7月9日

陽水の「心もよう」をスリーフィンガーで形だけ弾けるようになる。しかしコードチェンジのとき、かなり間が開いていた。


f0281844_9414676.jpg

これは 7月6日に購入した「別冊ヤングフォーク」の「初心者のための <YUMIN> フォーク・ギター教室」の影響ですね。

f0281844_942264.jpg

ほら。練習曲が井上陽水の「心もよう」だったんですよ。

どれどれ。どのくらい間が開いていたんでしょうか・・・。
ほんの一部だけそのときの音声が残っていたので、聴いてみましょう。





なるほど。確かに間が開いていますな。まるで休符が入っているかのように、きっちりと(笑)。
でもギター始めてまだ 1ヶ月ってことを思えば、まずまずのような気もしますね。

ちなみに「フォーク・ギター教室」の筆者の小林雄二さんが初心者用の練習曲として「心もよう」を選んだのは、きっとバレーコードの F が出てこないからだと思います。

というわけで 10月になってやっと鬼門の F などのバレーコードが押さえられるようになり、曲がりなりにも弾き語りができるようになってきました。
というわけで、そのあたりの様子をお送りします。





流石にちょっとテープの状態がよくないですね。何しろ 38年前ですから。
特にヘッドホンで聴いていると音のちらつきが気になりますね。

演奏しているのはかぐや姫の「妹」と「赤ちょうちん」です。
何とも、ギターを弾くのに必死で全然声の方は出てないって感じ。
ま、これはしょうがないか。

上の日記に「『妹』のスリーフィンガーを教わるが、コードが難しくてマスターできず」、「不規則な『赤ちょうちん』のスリーフィンガーをマスター」とあるが、何とか弾きこなしていますね。

多分 12月頭ぐらいの頃の録音だと思います。ギター始めて 6ヶ月目ぐらいってことになります。
どっぷりとギターに浸ってた頃ですねえ。毎日必死になって練習していたんだろうなあ。

あ~、これも青春(笑)。

ちなみにこの当時は親指にサムピックを着けていないとスリーフィンガー奏法やアルペジオができなかった頃ですよ。
逆にフィンガーピックは着けていなかった。今と正反対だな。

さて、次回は 20歳のときの模様をお届けします。ギター始めて 2年目です。
ここで画期的に録音環境がよくなります。

そう。録音がステレオ化するんです。
そして TAKESHI氏と私のスタイルも決まってきます・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2014-12-21 09:42 | フォーク・弾き語り | Comments(11)
Commented by at 2014-12-21 10:41 x
j minorさん
懐かしいヒット曲ですね
私も妹、赤ちょうちんには手こづったわ~
私は東へ西へがギターの初めての曲で
汚くて大きな音のストロークで家族に迷惑を~
いや~近所に(;^_^A
あの頃、夢中になっていたのが懐かしいです。
でも~お酒を減らせる事が凄い。。
Commented by かも at 2014-12-21 11:20 x
J-minorさん こんにちは。
減酒、がんばってますね~
私は... とりあえず休刊日を作りたいなぁ~と、ゆる~く考えています(^^ゞ

それにしても、J-minorさん、練習記録をしっかり付けていらっしゃったんですね。
4ヶ月でFは速いと思います!
私は、中学1~2年生の頃からアコギで練習していたのですが、たぶん卒業後に何とか押さえられるようになったような記憶が....確かではありません(^^ゞ
半年で弾き語りも素晴らしいです!
私は今でもできません(>_<) ってか、歌えません(^^ゞ
Commented by UME at 2014-12-21 13:02 x
J minorさん、こんにちは。

「心もよう」聞いて、なんだか不思議な違和感があったんで、考えてみたんですが、わかりました。

普通、この位のレベルで、こんなにフィンガー弾けないっしょっ!

一ヶ月!?

たしかにそのくらいだと、コードチェンジが追いつかなくて隙間が開くのは記憶にあります。でもそのときはフィンガーなんて、もっと弾けなかったですよ(笑)

そっちの習得が早すぎなんですよ、きっと。

練習日記が残ってるって、凄いです。
つけて置けばよかったなぁ。。。


あっ、私もカセットテープを再生できるもの、探し中です。もしかすると手に入りそうなんで、手に入れたら古いカセットのサルベージにトライしてみようかな。
Commented by mssumasum at 2014-12-21 13:29 x
J-minorさん、こんにちは。

面白いです!日記と音声記録。
J-minorさんの言っているFの習得って、何とか押さえて音が出るというレベルじゃなくて、音が綺麗に出せるレベルを指しているので、通常よりも厳しい判定だと思いますけど、半年でこれだけ弾ければ御の字だと思いますよ。
それよりも感心したのがスリーフィンガーを習得する早さです。
間違いなく私より早いです(;゚д゚)
Commented by J_minor at 2014-12-22 20:22
まずは皆さん、こんな過去ネタにコメント、ありがとうございます!

しばらくこんなかもしれないけれども、徐々にレベルアップし、多分「30歳編」の頃には、少しは驚かせるような内容に持っていけると思っています。
Commented by J_minor at 2014-12-22 20:22
敏さん、こんにちは。

> 私も妹、赤ちょうちんには手こづったわ~

やっぱりこのあたりは、みんな手をつけるんですね~。
「妹」は私の場合、1番アルペジオ、2番スリーフィンガー、3番コードストロークって感じでやっていましたよ。

> 私は東へ西へがギターの初めての曲で
> 汚くて大きな音のストロークで家族に迷惑を~
> いや~近所に(;^_^A

「東へ西へ」もやりましたよ!残念ながらカセットには音が残っていませんでしたが、大いに声を張り上げ、近所に迷惑をかけたのを思い出します(笑)。

> でも~お酒を減らせる事が凄い。。

これは頚椎症から何とか脱したいという思いと、「大人のおもちゃ」がほしいという気持ちからです(爆)。
Commented by J_minor at 2014-12-22 20:23
かもさん、こんにちは。

> 私は... とりあえず休刊日を作りたいなぁ~と、ゆる~く考えています(^^ゞ

まあまだかもさんは若いし、何にも変な症状がないのなら(血液検査も問題ないのなら)、大丈夫ですよ。

> それにしても、J-minorさん、練習記録をしっかり付けていらっしゃったんですね。

基本、記録魔なんですよ(笑)。ブログもその延長かもしれません。

> 4ヶ月でFは速いと思います!

そうなんですか?
にしても、バレーコードって、今でも難しいですねえ。「ハナミズキ」にもバレーコードの難所があります(汗)。

> 半年で弾き語りも素晴らしいです!
> 私は今でもできません(>_<) ってか、歌えません(^^ゞ

それは案外分からないですよ。意外にいい“かも”・・・。
Commented by J_minor at 2014-12-22 22:19
UMEさん、こんにちは。

> 普通、この位のレベルで、こんなにフィンガー弾けないっしょっ!

普通、そうなんでしょうか。
私の場合、師匠が TAKESHI氏だったんで、「まだギター初めて1年目のTAKESHI氏がここまで弾けるんだから」って気持ちで頑張っていたのかもしれません。

でも常に彼は私にとって壁だったなあ・・・。

> 練習日記が残ってるって、凄いです。
> つけて置けばよかったなぁ。。。

これは先程も書いたとおり、「記録魔」という性格のせいです。高校の時の修学旅行の旅行記もあります(笑)。

> あっ、私もカセットテープを再生できるもの、探し中です。

もしうまく行かなかった場合、うちのデッキを送りますよ。元々タダのものだし・・・。
Commented by J_minor at 2014-12-22 22:19
mssumasumさん、こんにちは。

> 面白いです!日記と音声記録。

そう言ってくださるなら、幸いです!
しばらくこれが続きそうなんで、じつは気にしているんです。

> 半年でこれだけ弾ければ御の字だと思いますよ。

本当ですか?同時期に同じような初心者がいなかったから、このあたり、よく分からないんですよね。

> それよりも感心したのがスリーフィンガーを習得する早さです。
> 間違いなく私より早いです(;゚д゚)

本当かなあ・・・。今ではmssumasumさんの足元にも及ばないんだけれども(爆)。
Commented by おやじベースマン/Kimi Mac at 2014-12-22 23:26 x
J-minorさんこんばんわー。
「心もよう」「妹」「赤ちょうちん」
なつかしー!ボクもアコギを始めたとき、
こいつらには苦労させられましたわ。
ボクが初めて弾いた曲は「アビーロードの街」でした。
けっこう渋い選曲でしょ♪
なんつってもFが無い!
そしてEmからB7への移行が出来た時は感激もんでしたw。
この時憶えた、1本の指を軸にして移行する。って技は今でもさんざん使いますもんね。

なつかしい話題が多くて楽しいですねー。
次もお待ちしてます!
Commented by J_minor at 2014-12-23 07:27
おやじベースマン/Kimi Macさん、こんにちは。

> 「心もよう」「妹」「赤ちょうちん」
> なつかしー!ボクもアコギを始めたとき、
> こいつらには苦労させられましたわ。

やはりこのへんはみんな通る道なんですねえ!

> ボクが初めて弾いた曲は「アビーロードの街」でした。
> けっこう渋い選曲でしょ♪

渋いもなにも、恥ずかしながら知らなかった(汗)。 YouTube で聴いてみたけれども、やっぱり知らなかったす!

> そしてEmからB7への移行が出来た時は感激もんでしたw。

そうそう。これも結構難関でしたよね。何たって B7 は指を4本一気に使うしね。

> この時憶えた、1本の指を軸にして移行する。って技は今でもさんざん使いますもんね。

同じくです。C から F に移行するときも、人差し指はそのまま残してやりますよ。6弦まで押さえる C の場合はできないけれども・・・。

> なつかしい話題が多くて楽しいですねー。
> 次もお待ちしてます!

こんな内容で喜んでいただけて、嬉しいです!新しい曲を UP できずに少しへこんでいるんで・・・。


<< 【クリスマス総力特集】 コンド...      こうして私は 19歳のときの私... >>