2015年 11月 13日

30代最後の音楽機材の爆買いと、うさぎ饅頭氏の野望のお話

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_16463035.jpg

私のもう一つの趣味として、水草水槽っていうのがあります。ネイチャーアクアリウム・・・なんていう言い方をすることもあります。

こんな風に水槽にソイルと呼ばれる粒状の土を敷き、水草を植え込みます。
これは 4月にセットした直後の写真。スカスカですよね?

f0281844_1646455.jpg

それが今現在こうなっています。なかなかの繁茂ぶりですね。
魚も 20匹ほどいるのですが、ほとんど見えてません(苦笑)。

水槽の大きさは幅 60cm。部屋の中に幅 60cmの庭園がある・・・っていうイメージでしょうか。
なかなかいいものですよ。

さてまた今回は、およそ 25年ぐらい前の昔話、30代最後の音楽機材の爆買いと、うさぎ饅頭氏の野望のお話をお届けしたいと思います。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




前回 1990年(33歳)5月5日の日記として、こんなのを読んでいただきました。


久々のレコーディングは僕を目覚めさせたか?

今日はうさぎ饅頭氏の詞に TOSHIO氏が曲を付けた「挽歌」をレコーディングするために 2人がやってくることになっていた。最初 TAKESHI氏の自宅でやることになっていたのだが、モニター類の機材が不足気味ってことで急遽うちでの録音になったのだ。

例によって「うちで大体作ってくるよ」と言っておきながら何もしてこなかった TOSHIO氏、久々にいじる MTR類に悩む僕・・・ってことで、前回の「リバーサイド・ホテル」の二の舞になるんじゃないか、と思ったが、意外に順調に進んだ。

TAKESHI氏が大体の構成とギターを、TOSHIO氏がボーカルとエレキを、僕がリズムマシンの打ち込みとベースとストリングスをやった。MIDI は一切使わなかったこともあって、心配してた MTR の使い方も何とか分かり、役割は無事果たしたよ。

それに久々に TAKESHI氏との馬鹿笑いが出た。お互い涙を流しながら笑いこけていた。こういうの、最近なかったもんね。

TOSHIO氏のエレキとボーカルがイマイチで不満が残ったりで、出来としては 60点位か。
でも 3人でやるのは正月以来だからね。本当楽しかったよ。


ここで登場するうさぎ饅頭(まんじゅう)氏というのは、私の高校のときの同学年の人なのだが、クラスが違っていたため、高校のときにはお互い顔も知らなかった。

それが 30少し前のときに偶然ある集まりで知り合い、以後仲良くするようになった。
まあカラオケ行ったり、ボウリングしたり、ドライブしたり、してましたよ。

f0281844_16485925.jpg

右にいるのが私で、左にいるのがそのうさぎ饅頭氏である。

この頃のうさぎ饅頭氏の口癖が、

「このままでは終わりたくない!」

であった。

彼はあるお店を経営していたのだが、まだお互い独身。「こんなことで一生終わりたくない」という野望があったのだ。

そんな彼が 1990年のとき、突然作詞を始めた。作詞家として名を為そうと思い立ったのだろう。

じつはこのとき、加山雄三が自分の歌用の歌詞を募集していた。彼はそれに応募したりしていた。
そしてそれだけでは飽き足らず、我々にも歌詞を提供し出した。





ではそのうちの 2曲をお届けします。

1曲目はうさぎ饅頭氏作詞、TAKESHI氏作曲による「雪霞(ゆきがすみ)」。

TAKESHI氏がヴォーカルとサイドギター(クラシック)、そして何とベースを担当した。
そして伝説の奇人 TOSHIO氏がリードギターをやった。我々の録音としては、これは珍しい。

私はそれ以外のキーボード音担当といった感じで、リズムパートやストリングスなどをやった。
そしてハモリで歌にも参加しています。

2曲目はうさぎ饅頭氏作詞、TOSHIO氏作曲による「挽歌」。一転してメジャーな曲ですね。

上の日記にもあるとおり、TAKESHI氏が大体の構成とギターを、TOSHIO氏がボーカルとエレキを、私がリズムマシンの打ち込みとベースとストリングスをやった。

1曲目の「雪霞」のとき、1時半に始め、終ったのが6時だったという記録がある。4時間半かけて作り上げたんですね。

で、この日の録音記録の最後に私はこう書いています。

        やっぱ、8トラック MTR が欲しくなってしまったぜ!

当時、わずか 4トラックしかない TASCAM の MTR「PORTA TWO」での録音に、相当苦労していたようだ・・・。

f0281844_16493028.jpg

じつはこの 1990年(33歳)のとき、私の身に大きな変化があった。
ずっと鎌倉で自営業をやっていたのに、何とこの年、サラリーマンになったのだ。

サラリーマンとはいっても、いわゆるパソコンのプログラマーだった。NEC の PC-9801 というパソコン(Windows 以前のパソコン)で C とか dBASE とかでプログラムを組んでいた。

サラリーマンと自営業の一番の違いって何だか分かります?
サラリーマンにはボーナスというものが出るのだ。

4月に入社して、最初の夏のボーナスはともかく、2度目の冬のボーナスは 40万も出た。
当時の私としてはびっくりするような高額である。

このときもうすでに TAKESHI氏は結婚していたのだが、伝説の奇人 TOSHIO氏は独身だった。つまりお互い独身貴族である。
で、TOSHIO氏はフェンダーのクラプトンモデルを狙っていた。そこそこの価格はしたはずだ。

サラリーマンの先輩である TOSHIO氏が高いエレキギターを買う・・・私が影響されなかったわけがない。

私がこの当時憧れていたのが ヤマハのシンセサイザー SY77。売値で当時 278,000円ほどもした。

しかし私が一番不足を感じていたのは MTR のトラック数である。
当時ヤマハのサンプリング音源である TG55 というのが定価 11万のところ 6万円ほどで売っていた。
TG55 + 8トラック MTR で 24万ほどだった。SY77 より安いのだ。

だったらどう考えても TG55 + 8トラック MTR を買うべきである。

f0281844_16494179.jpg

だのに私が買ったのはヤマハのシンセサイザー SY77 であった。
ま、こんなもんである。物欲っていうのは(笑)。

f0281844_16495656.jpg

そして購入したヤマハのシンセサイザー SY77 を駆使して作ったのがこのテープ、「Dedicated to Chiaki」であった。

「Dedicated to」というのは「~に捧げる」という意味である。つまり「Chiaki に捧げる」・・・。

そのうちまたそんな話をします・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2015-11-13 16:56 | フォーク・弾き語り | Comments(18)
Commented by sasunsasun at 2015-11-14 10:23
J-minorさん

こんにちは!

私、キーボードの上の現ナマにクギ付け(笑

そうですかぁ 33歳の時にサラリーマンに
ボーナス 懐かしい響きです
もう長いことボーナスってないなぁ(遠い目

それはそうと、 TAKESHI氏の曲作り好みかもしれません
曲を作るっていうのはその人の体にしみ込んだ音楽体験が
結構大きな部分をしめるでしょうから
TAKESHI氏たくさんの曲を聴いてこられたのでしょうね。

ん~それにしても昔からPCを扱われていたっていう
J-minorさんもすごいなぁ
だから機械類には強いんですね!
Commented by UME at 2015-11-14 11:10 x
おぉ、、、
高級シンセだ。

「何が必要か」ではなく「何が欲しいか」
わかります。
それこそが「自分ごほうび」の本質だもの(笑)

しかし、この頃に打ち込みとMTRとで、ここまでのものに仕上げていたんですねぇ。。
そこまでやっている人たちって、まだまだ少なかったのではないですか?


ちなみに素朴に疑問ですが、これだけのクオリティのメンバーがそろっていても「バンド」の形にしてライブ活動とかには向かわずレコーディングの方がメインだったのですか?
Commented by J_minor at 2015-11-14 19:44
sasunsasunさん、こんにちは。

> 私、キーボードの上の現ナマにクギ付け(笑

撮影のために急遽大金を下ろしてきました(笑)。

> そうですかぁ 33歳の時にサラリーマンに

サラリーマンをやってから自営業に・・・っていうパターンはあるでしょうが、その逆はあまりないかもしれませんね。

> ボーナス 懐かしい響きです
> もう長いことボーナスってないなぁ(遠い目

「こんなにもらってもいいの?」って思いましたよ、正直。

> それはそうと、 TAKESHI氏の曲作り好みかもしれません

これは TAKESHI氏が聞いたら喜ぶと思いますよ。

> ん~それにしても昔からPCを扱われていたっていう
> J-minorさんもすごいなぁ
> だから機械類には強いんですね!

Windows 以前のパソコンには強いですが、それ以降は人並みです(爆)。
Commented by J_minor at 2015-11-14 19:45
UMEさん、こんにちは。

> おぉ、、、
> 高級シンセだ。

ま、アホといえばアホですよね。すでに EOS があるのに・・・。

> 「何が必要か」ではなく「何が欲しいか」
> わかります。
> それこそが「自分ごほうび」の本質だもの(笑)

まあそんなところですね。初の満額のボーナスってこともあるし。

> しかし、この頃に打ち込みとMTRとで、ここまでのものに仕上げていたんですねぇ。。
> そこまでやっている人たちって、まだまだ少なかったのではないですか?

そんなこともないとは思いますが、この当時はネットもないし、比較する相手がいなかったのは事実ですね。

> ちなみに素朴に疑問ですが、これだけのクオリティのメンバーがそろっていても「バンド」の形にしてライブ活動とかには向かわずレコーディングの方がメインだったのですか?

「バンド」の形にしてライブ活動・・・なんて一度もないです。
うさぎ饅頭氏の結婚式で「雪霞」はやりましたが、実は私はあまりの緊張から吐きそうになり、参加せずに 2人の演奏を見ていました(爆)。
Commented at 2015-11-15 04:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by J_minor at 2015-11-15 07:55
mssumasumさん、こんにちは。

> やっぱりシンセを使うと
> ぐっとクオリティが上がるというか、
> プロっぽい音になってきますよね!
> 前より格段に音が良いように思えます。

ありがとうございます!

> お尋ねのYouTubeメールですけど
> ほっといても問題ないです。
> 著作権とは全く別個の話です。

そういうことだったのですか。
安心しました。

> この契約変更に異議を唱えて
> 更新を済ませていない方がいるみたいです。
> その方が権利を所持する著作物が
> 今回、アメリカで視聴できなくなっているわけです。

つまり私の側の問題じゃないっていう理解でいいんですね。

> 「YouTubeアメリカ」では
> 先月終わりから有料サービスがスタートしました。
> その名をYouTubeREDと言います。
> 利用者が月額料金をYouTubeに支払えば
> 動画の広告を無くすことができ
> オフライン再生(ダウンロード)が出来たり
> といった有料サービスが得られるというものです。

ちょっと YouTubeRED を調べてみたら、 広告がなくなるだけじゃなく Google Play Music を追加料金なしで視聴できるサービスもつくんですね。
月千円(1200円?)程度で音楽聞き放題で YouTube のうざい広告が出なくなる・・・というのは、いいかもしれませんね。
Commented by mssumasum at 2015-11-15 13:43 x
こんにちは!

要約すると
YouTubeアメリカと動画著作権者の間で
一部契約が更新されていないので
YouTubeRED契約においては
一部動画配信が出来ないという話
だと思われます。
J-minorさんが利用している動画の著作権者が
契約更新してませんよというメールです。
なので、著作権違反とは関係ありません。

わざわざメールしてきた真の目的は
YouTubeREDの宣伝と著作権者に対して
批判の世論を作りたいのだと思います。
Commented by at 2015-11-15 15:40 x
jminorさん
雪霞、挽歌を聴いていると
なぜか私はNSPの天野君の歌い方を思い出しました。
懐かしさを感じるいい歌です。

ボーナス40万はjminorのブログを読んだ中で
一番驚いた内容でした。(。_。)ペコリッ
Commented by Kimi Mac at 2015-11-15 16:22 x
J-minorさんこんにちは。

みごとな曲ですね。完成度半端ないです。
いつも思いますが、今からン十年も前にこんな高度なことやってたなんて、
すばらしいというか恐ろしいというか^^;
そのころの私と言えば、仕事の合間におねぇちゃんと遊びまわってただけで・・・。
ま、昔を悔いてもしかたないので、今を楽しんじゃおっとww。
Commented by 丸に橘 at 2015-11-15 20:16 x
水槽、癒やされます。
多趣味ですばらしいですね。見習わないと・・・。
しかし、機材に度肝を抜かれました。プロですよね。。。。
Commented by おさかな大将 at 2015-11-15 21:41 x
こんにちは。
水槽きれいですね。魚は草の中にいるのかな。
曲はいつもながらすばらしいですね。じっくり聴けました。^^
Commented by アルペジロー at 2015-11-16 23:17 x
水草、凄い繁茂ぶりですね。底はまるで芝生のよう。
うちも幅35cmの小さい水槽がありますが、もともとメダカがいたところにミナミヌマエビを入れたらカボンバ(金魚藻)がすっかり食われて茎だけになってしまいました。
ウィローモスだけが伸びまくるので時々散発しています(笑)

私は1991年にサラリーマンになりました(笑)
Commented by J_minor at 2015-11-17 09:02
mssumasumさん、こんにちは。

返事が遅れて申し訳ありませんでした。
久しぶりに丹沢まで、ちょっとしんどい登山をしてきて、死んでいました(笑)。

> J-minorさんが利用している動画の著作権者が
> 契約更新してませんよというメールです。
> なので、著作権違反とは関係ありません。

これで安心して眠れそうです(笑)。
まあYouTubeREDも、音楽を沢山聴く人にはいいかもしれませんね。聴き放題+ YouTube のうざい広告が消えるのだから・・・。
Commented by J_minor at 2015-11-17 09:02
敏さん、こんにちは。

返事が遅れて申し訳ありませんでした。
久しぶりに丹沢まで、ちょっとしんどい登山をしてきて、死んでいました(笑)。

> 雪霞、挽歌を聴いていると
> なぜか私はNSPの天野君の歌い方を思い出しました。
> 懐かしさを感じるいい歌です。

NSP の天野さんと比較していただけるなんて、光栄です。2人も草葉の陰で喜んでいると思います(笑)。

> ボーナス40万はjminorのブログを読んだ中で
> 一番驚いた内容でした。(。_。)ペコリッ

今から思えばバブルの頃ですよね。そのせいでしょう。
プログラマーとしては素人の私に、いきなりそれだけくれたのだから・・・。
Commented by J_minor at 2015-11-17 09:02
Kimi Macさん、こんにちは。

返事が遅れて申し訳ありませんでした。
久しぶりに丹沢まで、ちょっとしんどい登山をしてきて、死んでいました(笑)。

> みごとな曲ですね。完成度半端ないです。
> いつも思いますが、今からン十年も前にこんな高度なことやってたなんて、
すばらしいというか恐ろしいというか^^;

ありがとうございます!
でも今聴いてみると、すぐにバックに薄いストリングスをかける・・・というのを常套手段のように行っていますね。
ある意味ワンターンです(笑)。

> そのころの私と言えば、仕事の合間におねぇちゃんと遊びまわってただけで・・・。

ええと。私にはそういう青春の方が羨ましいです(笑)。
だってこっちの録音には、ちっとも女性が登場しないでしょう?
Commented by J_minor at 2015-11-17 09:03
丸に橘さん、こんにちは。

返事が遅れて申し訳ありませんでした。
久しぶりに丹沢まで、ちょっとしんどい登山をしてきて、死んでいました(笑)。

> 水槽、癒やされます。
> 多趣味ですばらしいですね。見習わないと・・・。

水槽も、もうかれこれ20年以上やっています。
でもギター同様、結構間はスカスカです(笑)。

> しかし、機材に度肝を抜かれました。プロですよね。。。。

下手な素人ほど機材にお金をかける・・・っていう例のパターンですよ(笑)。
Commented by J_minor at 2015-11-17 09:03
おさかな大将さん、こんにちは。

返事が遅れて申し訳ありませんでした。
久しぶりに丹沢まで、ちょっとしんどい登山をしてきて、死んでいました(笑)。

> 水槽きれいですね。魚は草の中にいるのかな。

そうです。
で、エサのときだけ水面に一斉に現れます(笑)。

> 曲はいつもながらすばらしいですね。じっくり聴けました。^^

ありがとうございます!
Commented by J_minor at 2015-11-17 09:03
アルペジローさん、こんにちは。

返事が遅れて申し訳ありませんでした。
久しぶりに丹沢まで、ちょっとしんどい登山をしてきて、死んでいました(笑)。

> 水草、凄い繁茂ぶりですね。底はまるで芝生のよう。

こうなるまでに半月かかりました(笑)。

> うちも幅35cmの小さい水槽がありますが、もともとメダカがいたところにミナミヌマエビを入れたらカボンバ(金魚藻)がすっかり食われて茎だけになってしまいました。

へえ。ミナミヌマエビってカボンバを食べちゃいますか。それは知りませんでした。
この水槽にもミナミヌマエビによく似たエビが入っていますが、食害はないようです。

> ウィローモスだけが伸びまくるので時々散発しています(笑)

> 私は1991年にサラリーマンになりました(笑)

つまり21歳・・・大学卒業後・・・ですよね、きっと。
真っ当です(笑)。


<< ソロギター「少年時代」に悪戦苦...      生ギターだけで挑んださだまさし... >>