2015年 12月 04日

冬の夜長のひとりごと「味オンチと音オンチ」

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。





前回はソロギター「少年時代」の練習風景の動画をお届けしました。
これは練習開始後 5日目のもの。流石に今はもう少しうまくなっていますが、まだあまり明確な差はないかもしれません(爆)。

12月に入り、だいぶ日も短くなってきましたね。
そんなわけで今回は冬の夜長のひとりごと・・・味オンチと音オンチについてのお話をしたいと思います。。

つまらん閑話ですが、よかったら続きをどうぞ。




f0281844_1665164.jpg

私は最近お酒というと、夏はビール、冬は熱燗を少々飲み、あとは赤ワインしか飲みません。
そんなこともあって、一時、こうしてワインの本など買って熱心に勉強してたりしていました。

しかしすぐにあきらめました。
私は結構な味オンチだってことが分かったからです(笑)。

ソムリエの人ってテイスティングのときに様々な表現を用いますよね?
香り一つとっても「チョコレートのようなビターな香り」だの「腐葉土の香り」だの「濡れた犬」だの「猫のおしっこ」だの・・・。

ちなみに「猫のおしっこ」に関しては、ソーヴィニョン・ブランというぶどう品種から作られた白ワインが、猫のおしっこの臭いに似ていることからこんな表現が付いたんだそうだ。

但し、ソムリエが客の前で使うことはないそうです。そりゃそうだね。

「お客様。この白ワインはメス猫のおしっこのような芳醇な香りがいたします。どうかお楽しみください」

なんて言うわけない(爆)。

ま、いずれにせよ、そのくらいの味覚センスを持っていないと一流のソムリエにはなれないみたいです。
で、私にはそんな味覚センスがないってことにすぐに気付いたのです。

f0281844_167622.jpg

音に関しても同じで、生まれ持って優れた聴覚センス(オーディオセンスっていうのかな?)を有している人と、そうでない人がいるようで、どうやらここでも私は残念ながら音オンチに属しているようです(笑)。

もちろんギターに関してもそうだけれども、たとえば弦の違いに関しても詳細なレポートを書いている人がいたりしますが、私にはほとんど違いが分かりません。
そして素直に、そういう詳細なレポートを書いている人が「いい」という弦を使うタイプです(爆)。

f0281844_1672683.jpg

私は現在、 S.Yairi YD-306(左側)とフォルヒ G23-CRCT(右側)という 2台のギターを所有している。
S.Yairi YD-306 は、いわゆる「スプルース&ローズウッド」というアコギにとっては定番の組み合わせ。一方フォルヒ G23-CRCT は「シダー&ローズウッド」という組み合わせになっている。

「スプルース&ローズウッド」はアコギの王道を行く組み合わせで、しゃきっとしたスチール弦らしい切れ味のある音が出ると言われている。
一方「シダー&ローズウッド」は倍音の厚みがあり深みのある音色がするという。ある意味クラシックギターっぽい音色と言ってもいいかもしれない。

流石に音オンチの私でも、この音色の差ぐらいだったら分かる(所有するようになってから、特に)。
でもこれは、赤ワインと白ワインの味の違いぐらいだったら分かる・・・というのと同じレベルだ。

同じ価格帯の「スプルース&ローズウッド」になってしまったら、もういけません。
これは同じ価格帯の、同じカベルネ・ソーヴィニヨンを使った赤ワインになると、もういけなくなってしまうのと一緒です(笑)。





しかし味オンチでも「まずい」っていうのは分かるのと同じように、音オンチでも「嫌な音」なら分かる。

以前フォルヒ G23-CRCT でビートルズの「The Long and Winding Road」を演奏したときに、1弦の音が気になってたまらなかった。何か「ペンペン」みたいなさえない音がしている気がしてしまって・・・。
たとえば 48秒ぐらいに 2音続けて「ペンペン」と鳴っているのがそれです。私には非常に不快な響きに感じられる。

この当時はアラスカピックを使っていたからアラスカピックのせいかな?とも思っていたのだが、自爪で弾くようになってもやはり嫌な音に感じることがあるのだから、これはやはりフォルヒ G23-CRCT の音の特性と判断せざるを得ない。

これは音オンチの私でもはっきりと分かる「嫌な音」だ。
っていうか、「私には嫌な音に感じる音」と言うべきか。この音を、特に嫌な音だと感じない人も沢山いるはずだもの。

優れた味覚センスのない人だって、その人に合わない「まずいもの」は分かりますよね?
で、「まずいもの」を食わなくちゃいけないのって苦痛ですよね?

ギターを弾いていてある音が不快に感じられるっていうのは、それと同じことになるわけです。

いやいや、別にフォルヒ G23-CRCT が全く駄目なギターだと言いたいわけではありません。
いい音に感じられることだって多いですよ。購入して最初に自宅で弾いたときの感動は今でも忘れられません。
でもどうも 1弦の音が私とは相性が良くないようです。

問題はこれが分かったのがフォルヒ G23-CRCT を購入してから結構経ってからだってこと。
お店で試奏したときも、家に戻ってきてから弾いたときも、全然感じなかった。

つまり音オンチの私は、楽器屋さんで試奏しても、その時点じゃ音のよさ、悪さがあまりよく分からないということになる。
所有してしばらく弾いてみて、やっとおぼろげに分かるのだ。

どうもこのあたりは音オンチ人間の宿命らしい。





先日ある人とギターの話をしているときに、今は YouTube 上にソロギの曲などいくらでも転がっているじゃないか、それらを聴いて自分の好きな音を探せばいいだけのことじゃないか・・・と言われた。

「まずはそこから始めたら?」

なるほどおっしゃるとおりなのだが、ここにも音オンチ人間の宿命がある。

例えばこの小松原俊さんの「くじら」の演奏は何度聴いても素晴らしい音質だと思っています。

しかし音オンチ人間の私には、これが元のギターの音がいいせいか、録音環境や録音機材(リバーブなど)がいいせいか、判断できないのだ。

更に言うなら、素晴らしい音質に感じられるのは、小松原俊さんの演奏能力のせいかもしれない。
もし彼が 5万円程度のギターで、これと同じ録音環境や録音機材で演奏したら?・・・やはり私には素晴らしい音質に感じられるのではないだろうか・・・。

まったく音オンチ人間にも困ったものです。

f0281844_1691433.jpg

では音オンチ人間には音楽が楽しめないのか。
そんなことはありません。

味オンチ人間だって「うまいもの」と「まずいもの」はちゃんと分かります。
音オンチ人間だって「いい音」と「嫌な音」はちゃんと分かります。「好きな曲」と「嫌いな曲」だってちゃんと分かります。

十人十色という言葉がありますが、まさに音楽の楽しみ方も人それぞれですよね。
だから私には私なりの音楽の楽しみ方があるはずです。

例えば、自分でソロギターの曲を耳コピして、素晴らしい音の組み合わせ(和音)に出会ったときの喜びは一入(ひとしお)です。
私が「面倒臭いなあ」と思いながらも耳コピが好きなのはこのせいでしょう。

優れた聴覚センスを持っている人でも案外耳コピは苦手な人もいるわけだから、これなどまさに私なりの音楽の楽しみ方ということができると思います。

というわけで、今後も音オンチ人間なりに音楽を楽しんでいこうと思っています。
最後まで駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]

by J_minor | 2015-12-04 16:10 | ギター・エッセイ | Comments(16)
Commented by 丸に橘 at 2015-12-04 21:46 x
音の感覚というのは、、、、100人いれば百通り。同じ色を見ても、誰も同じ見え方はしていないそうです。
不思議ですね。
まあ、納豆みたいなもので。(笑)
大好きな人もいれば、大嫌いな人もいて。
弦は、私は「見た目」です。
MartinのMSP4100を使っています。プレーン弦に金メッキがしてあるという、只それだけの理由で。(笑)
ミーハーなんですよねえ。。。
もう少し、品質にこだわれば、腕も上がるのかも。。。。
Commented by mssumasum at 2015-12-04 22:08 x
J-minorさん、こんばんは!

音の楽しみ方なんて
本当に人それぞれだと思います。
ギターの音色を楽しむのもそうでしょうし
旋律に胸躍らせることもあるでしょうし
和音の響きを楽しむのもしかりですよね。

私の場合、アレンジはもちろんなのですが
ギターの音色に関して言えば
もっともっと良い音のギターが欲しいけど
先立つモノもありませんし、
上を見たらキリのない世界ですから
如何に今持ってるギターを
鳴かせてあげられるかというのが
今一番やってて楽しいことかな?
Commented by J_minor at 2015-12-05 11:17
丸に橘さん、こんにちは。
無駄に長い文章に付き合っていただき、ありがとうございます♪

> 音の感覚というのは、、、、100人いれば百通り。同じ色を見ても、誰も同じ見え方はしていないそうです。

なるほどねえ。このあたり、とても興味深いですね。

> まあ、納豆みたいなもので。(笑)
> 大好きな人もいれば、大嫌いな人もいて。

おお!納豆!私は大好きで、毎日食べていますよ(笑)。

> 弦は、私は「見た目」です。
> MartinのMSP4100を使っています。プレーン弦に金メッキがしてあるという、只それだけの理由で。(笑)

そんなにゴージャスそうな弦があるのですか。
私が20代のときは Martin の弦は高くて、国産の安い弦(カワセ弦)を使っていました。
確か Martin は千円ぐらいして、カワセ弦は400円ぐらいだったように覚えています。
Commented by J_minor at 2015-12-05 11:21
mssumasumさん、こんにちは。
無駄に長い文章に付き合っていただき、ありがとうございます♪

> 音の楽しみ方なんて
> 本当に人それぞれだと思います。

本当にそうですねえ。

> 和音の響きを楽しむのもしかりですよね。

私はこれが好きなのかもしれません。
先日 FNS歌謡祭 を見ていたら、ある曲をいたく気に入ってしまって、今はそれの TAB譜を取ってたりします(笑)。

単なるアルペジオなんだけれども、響きが綺麗なんですよ。
そのうち、これもネタにするかな。

> 如何に今持ってるギターを
> 鳴かせてあげられるかというのが
> 今一番やってて楽しいことかな?

mssumasumさんのブログを読んでいると、本当に音楽を楽しんでいるっていう感じが強く伝わってきますよ。
私も頑張ります。
Commented by sasunsasun at 2015-12-05 12:53
J-minorさん

こんにちは!

最近グッと寒くなりましたね
頸椎気温や気圧の変化に敏感かと思います
お大事になさってください。

さて、ギターの音についてですが
私的にはJ-minorさん音オンチではまったくない
と思っております(^O^)/

音オンチの人は100%と言っていいくらい
耳コピはできないのでは?と^^

ギターの音の良し悪しは、これはもう人の好みの世界
の部分も多分にあるのであくまで十人十色かと

ただ、気にされているフォルヒの1弦の音は
ギターの特性ではなくって、J-minorさんの爪の当たる
角度からくる音かなと思いました。

ペンペンという音はきっと指が弦に対して直角に入りすぎて
弦を持ち上げた感じで出る音のように聞こえたのですが・・

ご存じのように鉄弦はすこ~しこすり加減のほうが
良い感じで鳴るのかもしれませんです。

それから、コマンチさんの音は加工の音?でしょうか
たぶんこのギターってソモギでしたよね。

ソモギさんのギターはありがたいことに
ギタ友さんが何本もお持ちなので楽しませてもらっておりますが
音は基音が太くてはっきりしているけれど
ゴージャスなサウンドではない分後加工はしやすいと思うんです。

ですので、コマンチさんのこの音も加工の音かなぁと

あ、すみません長々となってしまいました(^-^;
Commented by J_minor at 2015-12-05 18:33
sasunsasunさん、こんにちは。

> 頸椎気温や気圧の変化に敏感かと思います
> お大事になさってください。

お気遣い、ありがとうございます。
実際、あまりよくない感じかなあ、最近。

ただ、深酒のせいかもしれないと反省しております(笑)。

> 私的にはJ-minorさん音オンチではまったくないと思っております(^O^)/
> 音オンチの人は100%と言っていいくらい 耳コピはできないのでは?と^^

ありがたきお言葉です。
多少自信を持つことにします♪

> ただ、気にされているフォルヒの1弦の音は
> ギターの特性ではなくって、J-minorさんの爪の当たる
> 角度からくる音かなと思いました。

何と!爪の角度の問題ですか!
そういえばフラットピックで弾くとあまり気にならなかったのは、そのせいかもしれませんね。

> ご存じのように鉄弦はすこ~しこすり加減のほうが
> 良い感じで鳴るのかもしれませんです。

こすり加減の方がいいんですか。
このあたり、よかったらそのうちブログでご解説、お願いします。

> ですので、コマンチさんのこの音も加工の音かなぁと

なるほど。
この音に関しては元のギターの音というより加工の仕方がうまい・・・と判断すべきってことですね。

ってことは、やはり5万円のギターでもいい音に聞こえていた可能性がありそうですね。

> あ、すみません長々となってしまいました(^-^;

とんでもないです。楽しませていただきました。
Commented by おさかな大将 at 2015-12-05 20:49 x
こんにちは。
私は音が良くわかる方ではないと思っているのですが、私は自分のS-101とS-102のスプルースとシダーの音の違いをそれなりに楽しんだりしてました。ところが最近休みは釣りと料理をすることが多くなり、ギターがおろそかになっていたところ、2台の違いが微妙な差にしか聞こえないようになってしまったりしてます。私はホントの音オンチかも。^^
Commented by J_minor at 2015-12-05 21:13
おさかな大将さん、こんにちは。

> 私は音が良くわかる方ではないと思っているのですが、私は自分のS-101とS-102のスプルースとシダーの音の違いをそれなりに楽しんだりしてました。

なるほど、なるほど・・・。

> ところが最近休みは釣りと料理をすることが多くなり、ギターがおろそかになっていたところ、2台の違いが微妙な差にしか聞こえないようになってしまったりしてます。

あっはっはっは。これは面白い!
思わず笑ってしまいました。

> 私はホントの音オンチかも。^^

いや~、おさかな大将さんの場合、そんなことはないと思いますよ。

にしても、

S-101=スプルース
S-102=シダー

でしたか。
その両方をお持ちとは羨ましい限りです。
Commented by Kimi Mac at 2015-12-05 23:47 x
J-minorさん、こんばんは。

音オンチですかー。私も何がいい音で何が悪い音のなのかって、
よく分かりませんね。
私のS92R=シダー、W40=スプルース?だと思いますけど、
まぁそれくらいの違いはわかるかな程度ですww。
ちなみにW40は友人宅に置きっぱなしですけどね。

特にわかんないのが、リバーブの良し悪しを自分で確かめる時。
ぜーんぶ同じに聞こえてしまします。

それにしても、小松原さんのくじらはほんまにええですな。
あれを生で聴かせていただいた私は幸せ者です。
あまりの衝撃におもわずCD買ってサインしてもらっちゃいましたもん。
Commented by mssumasum at 2015-12-06 03:02 x
>本当に音楽を楽しんでいるっていう感じが強く伝わってきます
私のブログはとてもマニアックな内容ですから
大部分のギタリストには興味を持たれないと思います(笑)
ただ、自分がやりたいことを追及した結果がアレなので
訪問してくださる方には、本当に感謝感謝ですよ!
たまには楽しんでもらえるように
所有ギター紹介なんて記事でも書こうかしら
といっても3本だけなんだよね。
Commented by J_minor at 2015-12-06 07:55
Kimi Macさん、こんにちは。

> 私のS92R=シダー、W40=スプルース?だと思いますけど、
> まぁそれくらいの違いはわかるかな程度ですww。

いやあ、同じで嬉しいです(笑)。

> 特にわかんないのが、リバーブの良し悪しを自分で確かめる時。
> ぜーんぶ同じに聞こえてしまします。

そうそう、そんな感じですよね~。
なんか、ほっとするなあ。

> それにしても、小松原さんのくじらはほんまにええですな。
> あれを生で聴かせていただいた私は幸せ者です。

いやあ、それは羨ましい!
あれは生で聴いてみたいなあ・・・。


Commented by J_minor at 2015-12-06 07:55
mssumasumさん、こんにちは。

> 私のブログはとてもマニアックな内容ですから
> 大部分のギタリストには興味を持たれないと思います(笑)

うちのブログだって、私のオリジナルソングなどのときには見る人がぐっと減りますよ。「お前の曲なんて、聴きたくねえ!」ってところなんでしょうね(笑)。

mssumasumさんの場合、 YouTube の再生回数がすごいじゃないですか。
こっちなんか、オリジナルソングなどのときは100以下ってこともあります。

> たまには楽しんでもらえるように
> 所有ギター紹介なんて記事でも書こうかしら
> といっても3本だけなんだよね。

いやあ、3本も持っているのはすごい(笑)。こっちは2本だけです。

昔クラギやエレアコも持っていたのに、いったい何処に行ってしまったんだろう???
Commented by at 2015-12-06 14:01 x
jminorさん
僕も味や音の違いがあまりわかりません~
ギターの弦も音より安さに飛びつくタイプAです?
お酒も何でも飲むタイプBです。(;^_^A
jminorさんの味音痴はわかりませんが~
ギターの演奏、唄とかアレンジはセンスがありますよ。
タイプCの私が言うのだから間違いないです。。
「今回はタイプで攻めた」

小松原さんの演奏はまたまた近くで聞いたのですが
良い音が鳴っていました。CDも買いました。
Commented by J_minor at 2015-12-06 18:58
敏さん、こんにちは。

> 僕も味や音の違いがあまりわかりません~
> ギターの弦も音より安さに飛びつくタイプAです?

お仲間が沢山いて、嬉しいです。

> お酒も何でも飲むタイプBです。(;^_^A

私は最近、ウイスキーとか焼酎とか、全然味が分からなくなってしまいました。
昔はバーボンが好きだったのになあ。

> jminorさんの味音痴はわかりませんが~
> ギターの演奏、唄とかアレンジはセンスがありますよ。

本当ですか?信じちゃいますよ。

> タイプCの私が言うのだから間違いないです。。

では信じます(笑)。

> 小松原さんの演奏はまたまた近くで聞いたのですが
> 良い音が鳴っていました。CDも買いました。

いいなあ。敏さんも聴いたんだ。
タイプJの私も聴きたいです。
Commented by アルペジロー at 2015-12-12 20:31 x
J minorさん、こんばんは。

私もワインはよくわかりません。でも居酒屋の飲み放題プランにとりあえずついているワインが安っぽい味がするのだけはわかります(笑)

音の方も同じで、最近流行りのハイレゾ、ショップで聞いても違いがよくわかりません。。
でもエリクサーとダダリオの違いはわかります。

S-92の音は幸いまだ気に入って弾いています。でもG23-CRCTも気になります(笑)
Commented by J_minor at 2016-01-02 21:59
アルペジローさん、こんにちは。

すいません。コメントを見落としていました。

> 私もワインはよくわかりません。でも居酒屋の飲み放題プランにとりあえずついているワインが安っぽい味がするのだけはわかります(笑)

私もうんと安いワインの味は分かります(笑)。
でも先日「芸能人格付けチェック」という番組で5千円とワインと100万ぐらいのワインを見分けるのをやっていましたが、多分それだと分かりません(苦笑)。

> 音の方も同じで、最近流行りのハイレゾ、ショップで聞いても違いがよくわかりません。。
> でもエリクサーとダダリオの違いはわかります。

エリクサーとダダリオの違いがわかるだけでもすごいと思いますよ。

> S-92の音は幸いまだ気に入って弾いています。でもG23-CRCTも気になります(笑)

私はどうしても G23-CRCT に疑問を感じていたりします。
一度じっくり S-92 を弾いてみたいです。


<< フラットピックで「黄昏のビギン...      ソロギター「少年時代」に悪戦苦... >>