2018年 02月 16日

この 5年間で挑んだソロギターの数々・・・

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_08420311.jpg

この冬は本当に寒い日が続きます。
鎌倉でも毎日のように最低気温が氷点下 1度になったせいで、何と人差し指がしもやけになってしまいました。

薄っすらと関節のあたりが赤いのが分かりますか?
このせいで指がうまく曲がりません。
歳を取るといろいろありますね~。

さて今回は、この 5年間で挑んだソロギターの数々を紹介してみようと思います。
よろしかったら、続きをどうぞ。




f0281844_08420343.jpg

私のソロギターの歴史は、2013年2月18日にこの「ソロギターのしらべ」シリーズの「スタジオジブリ作品集」を購入したことから始まっています。

早いもので、それからもう 5年も経ちました。
そこで今回は、この 5年間で挑んだソロギターの数々を紹介してみようと思います。


2013年

     × 「アシタカせっ記」( Arrange by 南澤大介)
     × 「いつも何度でも」( Arrange by 南澤大介)
     △ 「君をのせて」( Arrange by 南澤大介)
     △ 「花」(岸部眞明)
     △ 「風のとおり道」( Arrange by 南澤大介)
     △ アリスのレストラン(アーロ・ガスリー)
     △ 「おやすみ漣君」(中川イサト)
     △ 「Scarborough Fair」( S&G )

2013年は流石に「ソロギターのしらべ」シリーズの「スタジオジブリ作品集」が多いですね。

ちなみに記号の意味は以下のとおりです。

     × YouTube に UP してないもの
     △ UP はしたものの、不完全版か音声のみ
     ◎ 一応ちゃんと完成版を UP したもの


まだこの年は動画ではなく音声のみ UP していたんですよね~。
どうでしょう?まだ初々しい感じかな?

アナログの YAMAHA マルチ・エフェクター SPX50D でリバーブをつけているから、今とは音の感じが少し違うかもしれませんね。


2014年

     △ 「おもひでぽろぽろ~メイン・テーマ」( Arrange by 南澤大介)
     △ 「Here Comes the Sun」( Arrange by 南澤大介)
     △ 「The Water Is Wide」( Arrange by Ed Gerhard)
     ◎ 「悲しくてやりきれない」( Arrange by 岡崎倫典)
     △ 「赤いスイートピー」( Arrange by 岡崎倫典)
     × 「FIRST LOVE」( Arrange by 押尾コータロー)
     ◎ 「Yesterday」( Arrange by 岸部眞明)
     ◎ 「The Long and Winding Road」( Arrange by 岸部眞明)

前の年の 10月にフォルヒ G23-CRCT を買ったってこともあって、ソロギターの曲がかなり充実してきたのがこの年だ。
そして YouTube に動画で投稿し始めたのもこの年です。



2014年で印象に残っているのは、やはり The Beatles の「The Long and Winding Road」かなあ。
できもしないストリング・ヒットを必死でやっているところが我ながらけなげです。

ちなみにこの頃はずっと指先にアラスカピックを着けていました。
よくアラスカピックを着けた状態でストリング・ヒットしてますね。


2015年

     △ 「君をのせて」( Arrange by 伊藤賢一)
     ◎ 「いつも何度でも(Drop D Tuning)」( Arrange by 南澤大介)
     ◎ 「Scarborough Fair」( Arrange by 南澤大介)
     △ 「キミノコト」(押尾コータロー)
     ◎ 「赤とんぼ」( Arrange by 西村歩)
     ◎ 「Dandelion」( Arrange by 岸部眞明)
     × 「晴れた日に・・・」( Arrange by 南澤大介)
     ◎ 「Danny Boy」( Arrange by 下山亮平)
     △ 「少年時代」( Arrange by 岡崎倫典)

やはり充実したソロギター生活(?)を送っていたと思う。
ただ同時に不完全版が多い印象かなあ・・・。



この年で一番印象に残っているのは、伊藤賢一氏アレンジによる「君をのせて」でしょうか。
ただこれも不完全版なんだよなあ・・・。

この動画ではまだアラスカピックを着けているけれども、この年の後半から自爪で弾くようになりました。


2016年

     △ 「Blue」( Arrange by Agustin Amigo )
     △ 「遠くへ行きたい」( Arrange by 岡崎倫典)
     ◎ 「うたたね」(中川イサト)
     △ 「奇跡の山」( Arrange by 岸部眞明)
     △ 「くじら」(小松原俊)
     ◎ 「SWEET MEMORIES」( Arrange by 岡崎倫典 )
     △ 「桜(コブクロ)」( Arrange by 岡崎倫典)
     × 「見上げてごらん夜の星を」( Arrange by 押尾コータロー)
     × 「Silent Night」( Arrange by 南澤大介)

ちょっと失速感が現れたのが 2016年かもしれない。
不完全版がとても多い。まったく YouTube に UP しなかった曲も 2曲もある。



それでもまあ頑張ってはいます。小松原俊さんの難曲「くじら」にも挑んでいますからねえ・・・。
それと、完全に自爪で弾いているのが分かると思います。


2017年

     × 「ワルツ」(中川イサト)
     △ 「Moon River」( Arrange by Edward Gerhard )
     △ 「山頂夕景」(岸部眞明)
     △ 「Smile」(チャップリン)
     △ 「桜・咲くころ」(押尾コータロー)
     △ 「TSUNAMI」( Arrange by 岡崎倫典)
     × 「イエスタデイ・ワンス・モア」( Arrange by 南澤大介)

そして2017年(去年)、遂に完全版がゼロになってしまった。
指先を痛め、後半は 99% クラギしか弾かなかった年でもある。

明らかに失速してますね。

「これではいかん!」と私は思った。
そんな私が一大決心をする。

「正式にギターを習ってみよう!」

思えば 19歳でギターを始めて以来、TAKESHI氏からギターを教わっただけで、正式にプロからギターを習ったことなど一度もない。

「今年はそれに挑んでみよう!」

そう決意した私だった・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


[PR]

by J_minor | 2018-02-16 08:51 | ソロギター | Comments(12)
Commented by at 2018-02-16 12:40 x
Jminorさん
僕は何時からソロギターを弾き始めたか
忘れてしまいました。
年々、覚える曲数も減り
年々、覚えた曲も忘れ
ただ今も言えるのは覚える時が
楽しいです。
忘れないようにする方が辛い。。
ギター教室ですか~
次はそちらの更新を楽しみにしています。
勉強させてもらいます。
Commented by コン太郎 at 2018-02-16 12:42 x
おっ、急な展開ですね!

関東地方ですと、ソロギターをメインに教えてもらえるプロや先生が多いので、うらやましいと思います。

クラシックギターの基本的なことを教えてもらいたいな~と僕も思っています^^
Commented by J_minor at 2018-02-16 18:05
敏さん、こんにちは。

> 年々、覚える曲数も減り
> 年々、覚えた曲も忘れ

私もそれは同じですよ。
今回紹介した「風のとおり道」、「The Long and Winding Road」、「くじら」・・・みんなすでに弾けなかったりして(涙)。

> ただ今も言えるのは覚える時が楽しいです。

これも同じですね~!

> ギター教室ですか~
> 次はそちらの更新を楽しみにしています。
> 勉強させてもらいます。

じつは結構前から行こう行こうと思っていて、やっと実現したのです。
もうじつは1度行ってますよ!
Commented by J_minor at 2018-02-16 18:05
コン太郎さん、こんにちは。

> おっ、急な展開ですね!

上にも書いたとおり、じつは結構前から行こう行こうと思っていて、やっと実現したんですよ。
そういえばコン太郎さんは何人かのギタリストに教えてもらってましたよね。
私の場合、「やっと」です(苦笑)。

> クラシックギターの基本的なことを教えてもらいたいな~と僕も思っています^^

そう。クラギも一から教えてもらいたいな~。
別に行こうかなあ・・・。
Commented by 丸に橘 at 2018-02-16 21:08 x
ホント、うらやましい。
ギターを習える環境。
私のような田舎暮らしには縁がありません。
私もギター教室に通いたいです。。。。
通えるその日が来るまで、自己流で頑張ります!
Commented by J_minor at 2018-02-17 07:41
丸に橘さん、こんにちは。

> ホント、うらやましい。
> 私のような田舎暮らしには縁がありません。
> 私もギター教室に通いたいです。。。。

そうですか。そちらにはないのですか。
ちょっと残念ですね。

私の方は、やっと決心がつきました。
長かったなあ・・・。
Commented by sasunsasun at 2018-02-18 13:39
J-minorさん

しもやけお手てがもうかゆい
今年は本当寒いですよね、私も家庭内水仕事で
しもやけ、ひび割れと戦っております(笑

J-minorさんのソロギ暦が5年 やはり昔から指弾きも
されていたので上達が早いように思います。
私は今年で多分10年目 やっとソロギらしく弾けるように
なった?かも?レベルです(^^;

ソロギを弾くにあたって基礎の部分はクラギで習うのは
とても有益だと私も思います。
結局、独学でやると随分遠回りになるのは間違いありません。
でも、アマチュアなのでそれが楽しいこともあるんですが(^▽^)/
是非、レッスンのこともこれからいろいろ教えてくださいませ。
Commented by J_minor at 2018-02-18 17:37
おやじさん、こんにちは。

> 今年は本当寒いですよね、私も家庭内水仕事で
> しもやけ、ひび割れと戦っております(笑

あらま!おやじさんもしもやけですか!
にしてもひび割れまであるとは相当なものですね。

> J-minorさんのソロギ暦が5年 やはり昔から指弾きも
> されていたので上達が早いように思います。
> 私は今年で多分10年目 やっとソロギらしく弾けるようになった?かも?レベルです(^^;

よく仰いますよ。確実におやじさんの方が腕は上ではないですか。
まあ正直「頚椎症さえなければおやじさんと同じくらい弾けるのに」という、悔しい思いはありますが(笑)。

> 結局、独学でやると随分遠回りになるのは間違いありません。

そうかもしれませんね。
ただここまで独学でやってきたから、クセを直せるかが問題ですね。

> 是非、レッスンのこともこれからいろいろ教えてくださいませ。

随時載せていくつもりですよ♪
Commented by ayoko at 2018-02-20 10:46 x
こんにちは、すごいですね。わたしは録音できるほど弾ける曲が全然ありません。曲もワンフレーズが弾けるとそれで満足しちゃって、弾きとおすということができないんです。習いに行くと、ソロギターの曲ではなくても、先生が「曲が終わる」ということを、ここはブレークで行きましょうとか、作り上げていく行程をやって見せてくれて、ちょっとだけですが、前進したように思います。更新が楽しみです。
Commented by J_minor at 2018-02-20 17:02
ayokoさん、こんにちは。

> 曲もワンフレーズが弾けるとそれで満足しちゃって、弾きとおすということができないんです。

私もここで紹介した曲のほとんどがすでに弾けないという悲しい状態です(涙)。
結局そのとき一生懸命やっている曲しか弾けないんですよ。

> ちょっとだけですが、前進したように思います。

ちょっとだけでも前に進めば、それが「前進」ですよ♪
お互い頑張りましょう♪
Commented by 天福 at 2018-02-21 17:32 x
はじめてjminorさんの演奏を見た時、てっきりクラシックあがりだと思いました。
親指が曲がらない私には出来ない、「右手垂直フォーム」です。

レッスンはK.ヤイリで演るのですか?(平行してアコギ探索?)
映画「クロス・ロード」、悪魔とのギターバトルで最後に頼るのはクラギテクニックでした。
そろそろギターを左足に乗っけているのでは  。
Commented by J_minor at 2018-02-21 20:38
天福さん、こんにちは。

> はじめてjminorさんの演奏を見た時、てっきりクラシックあがりだと思いました。

全然クラシックは習ったことがありません;;;

> レッスンはK.ヤイリで演るのですか?(平行してアコギ探索?)

さあ、どうでしょう(笑)。

> 映画「クロス・ロード」、悪魔とのギターバトルで最後に頼るのはクラギテクニックでした。

恥ずかしながら「クロス・ロード」は観たことがないんですよ。
今度観てみようかなあ・・・。

> そろそろギターを左足に乗っけているのでは  。

足台はあるんですけれどねえ・・・。


<< 19歳でギターを弾き出して以来...      岡崎倫典さんの「TSUNAMI... >>