2018年 07月 28日

フルヤギター工房探訪記 後編

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_06471130.jpg

先日細田守監督の「未来のミライ」を観てきました。

Yahoo! などのユーザーレビューが随分低いんでびっくり。
個人的には楽しめたがなあ。「よくぞこんな映画を作りました」って感じで。

台風が心配なところですが、今回は、「フルヤギター工房探訪記」の後編です。
よろしかったら、続きをどうぞ。




f0281844_06471035.jpg

というわけで 6月某日、Water Road Arte Cutaway の調整のためにフルヤギター工房に向かった私・・・。

f0281844_06471048.jpg

Water Road Arte Cutaway の調整が片付いたあと、やや武骨なイメージのある古谷さんに「何枚か写真と撮ってもいいですか?」と尋ねたら、「どうぞ」と快く仰ってくれた。

実際には優しい方なのだ。

というわけで、まあたいした枚数じゃないのですけれども、工房内の写真を何枚かお届けします。

f0281844_06471039.jpg

前回も書いたけれども、湿度管理にかなり気を配っているようで、ご覧のように大きめの除湿機が稼働していた。
2階の部屋に入ったとき「ドアを閉めてください」と、ちょっときつめ(?)に言われたのも印象に残っています。

f0281844_06471009.jpg

よく見るとこの機械、「除湿」だけじゃなく「加湿」とも書いてある。
単なる除湿機じゃなかったんですね。

f0281844_06471137.jpg

古谷さんに「何か写しちゃいけないものはありますか?」と尋ねたら、笑っていました。
ただ、全体的に写すのではなく、ポイントポイントで写してもらった方がいいってことでした。

だからこの写真などは、やや「写り過ぎ」かな?

f0281844_06485239.jpg

というわけで、ポイント的に(笑)。

天井にはバック用の木材がさりげなくぶら下がっていました。
乾燥させているんでしょうかね。

案外枚数が多いことにびっくり。
それに色味も微妙に違いますね。

f0281844_06485298.jpg

同じく天井にはこんなものもぶら下がっていました。

これ、なんて言いましたっけ?聞いたのに忘れてしまった(笑)。

f0281844_06485315.jpg

サウンドホールの周辺を接着していると思われるものもありました。
トップの裏側かな?

でもなんで五角形なんでしょうね。

f0281844_06485373.jpg

作業台の反対側にある壁には新しそうなギターが 2つ並んでいた。
ご覧の 1本は(確か)サウンドメッセに出品したというギターで、もう 1本は全く新しいギターってことだった。

流石に新しい方は全体は写さないでほしいってことだったんで、サウンドメッセ側のだけ、写しました。

ブリッジの形が飛行機型?
これはまた、古谷さんらしからぬ大胆なデザインですね~。

f0281844_06485309.jpg

ギターの型枠もありましたよ。
右上に SD と書いてあるから、Small-D サイズですね。

これ、撮影しやすいようにと、わざわざ古谷さんが作業台の上に置いてくれたんですよ。

f0281844_06485361.jpg

一角には木材が雑然と置かれているスペースもありました。
そそられる材もありますね。

う~ん、何かいらない奴をもらえばよかったかな?

f0281844_06485300.jpg

というわけで適当なところでフルヤギター工房をあとにした。

古谷さんにとっては単なる作業場かもしれないけれども、ギター好きな人間にとっては夢のような空間でした。

また尋ねることができたらいいな・・・と思っています。

さて、次回は何と昭和の演歌の名曲に挑みます!
もちろん Water Road Arte Cutaway で!

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村


[PR]

by J_minor | 2018-07-28 06:51 | その他・閑話 | Comments(8)
Commented by at 2018-07-28 13:28 x
Jminorさん
あなたの知らないフルヤギター工房レポ
お疲れ様でした。
きっと私も工房に入れたら、ワクワクしますね。
ギターの調子も戻り
新たなる挑戦曲、楽しみです。
台風の被害がない事を祈ります。
Commented by mssumasum at 2018-07-28 14:52 x
J-minorさん、お久しぶりです!

フルヤギター工房レポ、楽しかったです。
自分のギターも、ここで調整されたんだって思うと、何だか感激しちゃいます(^-^;
Commented by J_minor at 2018-07-28 18:15
敏さん、こんにちは。

> あなたの知らないフルヤギター工房レポ
> お疲れ様でした。

ありがとうございます。

> きっと私も工房に入れたら、ワクワクしますね。

実際わくわくしていましたよ、私も。

> ギターの調子も戻り
> 新たなる挑戦曲、楽しみです。

はい。次回はとりあえず頑張ってみます。

> 台風の被害がない事を祈ります。

18時現在は、不気味なほど静かです・・・。
Commented by J_minor at 2018-07-28 18:17
おっと!mssumasumさん、お久しぶりです!

> フルヤギター工房レポ、楽しかったです。

楽しんでいただけたなら、幸いです!

> 自分のギターも、ここで調整されたんだって思うと、何だか感激しちゃいます(^-^;

そういえばそうでしたね!

ってことは、mssumasumさんも古谷さんとは顔見知りなのかな?
Commented by mssumasum at 2018-07-28 19:52 x
顔見知りではありませんよ。
おやじさんから古谷さんをお薦めいただき、やり取りはすべてメールで行いました(^◇^)
Commented by J_minor at 2018-07-28 20:02
mssumasumさん、こんにちは。

> 顔見知りではありませんよ。
> おやじさんから古谷さんをお薦めいただき、やり取りはすべてメールで行いました(^◇^)

おっと!そうでしたか!
まあ同じ鎌倉に住んでいる私ですら、今回初めてお会いしたほどですからね♪
Commented by こじ at 2018-07-29 07:22 x
j minor さま。こんにちは

「フルヤギター工房探訪」お疲れさまでした。

ギター弾きにはとても興味深い内容をありがとうございました。


中でも、画像の1枚1枚を目を皿のようにして見てしまいます。

一番気になったのはコレ
http://www.daikinaircon.com/news/2011new_clearforce/

プロはどんなものを使っているのか?
武骨なデザインからしておそらくダイキンでは?

すぐに見つかりました。

意外と普通の家庭用を使ってるのですね。


次回の「昭和の演歌の名曲」も楽しみにしております。
Commented by J_minor at 2018-07-29 18:18
こじさん、こんにちは。

> 「フルヤギター工房探訪」お疲れさまでした。
> ギター弾きにはとても興味深い内容をありがとうございました。

ありがとうございます。

> 一番気になったのはコレ
> http://www.daikinaircon.com/news/2011new_clearforce/
> 武骨なデザインからしておそらくダイキンでは?

本当だ、ダイキンのですね!

> 次回の「昭和の演歌の名曲」も楽しみにしております。

あまり期待しないように、お願いします(笑)。


<< またもリンテン病発症!今度は昭...      フルヤギター工房探訪記 >>