2018年 09月 21日

Water Road でこれを弾くとうっとりとした気分になれます

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_06472699.jpg

前回の「普段着用のギターが欲しくなる」に対して、様々なご意見をコメ欄にいただき、ありがとうございました。いろいろ参考になりました。
その中で一番参考になった(?)のが丸に橘さんのコメントでしょうか。

何と Water Road こそ普段着にしてしまい、いっそ Martin D-45 をメインにしてはどうかというのです。

何という発想でしょう!

「この際ですから」なんて書かれてしまうと、「そうだよなあ。この際だよなあ」と思ってしまった私がいるのですが、いったい何が「この際」なのかはいまだに分かっておりません(笑)。

ま、それはともかく今回は、 Water Road でこれを弾くとうっとりとした気分になれるっていう話です。
練習版ですが動画もあります。よろしかったら続きをどうぞ。




f0281844_06472604.jpg

しばしばさんから Water Road Arte Cutaway を購入してから、早くも半年が過ぎました。

ギターは弾くことによって成長する・・・というのは皆さんもご存じのとおり。私の Water Road Arte Cutaway も 6月の末あたりからいい音が鳴るようになってきました。

それが最近ますますいい音になってきた気がします。



毎朝ケースから出すと、まず真っ先に弾くのが岸部眞明さんの「流れ行く雲」です。
これでゆったりとした気分になれます。



そして次に弾くのがこの岸部眞明さんの「Dandelion」なのです。

きのう録音したばかりの出来立てのほやほや版です。
まあ一発勝負で録音したんで、失敗しちゃってますけれどね。それは大目に見てください。

いつも Water Road Arte Cutaway でこれを弾くと、うっとりとした気分になれます。
この曲が一番 Water Road Arte Cutaway に合っている気がするんですよ。

この Water Road Arte Cutaway の音のよさは何なんだろう?
耳オンチの私が聞いても S.Yairi YD-306 と比べるとはっきりと違う。

     トップがジャーマン・スプルーストップだからだろうか。
     それともサイド&バックがハワイアンコアだからだろうか。
     それとも増田明夫さんの作り方が独特なのか・・・。

S.Yairi YD-306 と比べるとはっきりと違う・・・ということしか、私には分からない・・・。



「Dandelion」と同じチューニング( D A D F# A D )ってことで、次に岸部眞明さんの「花」を弾くことが多いです。

ただこのとき「あれ?」っと思ってしまうことがあります。

それは上の 2曲が 9フレと 6フレという、とても高い位置にカポを着ける曲に対して、「花」は 2カポか 3カポで弾く曲でしょう?
そのせいか、弦高が高くてテンションがきつく感じられてしまうのだ。

f0281844_06472601.jpg

皆さんご存知のとおり、私の Water Road Arte Cutaway 、1弦や2弦に軽くビビリを感じたため、古谷さんに調整に出しました。
そのせいで、まあ若干とはいえ、弦高が高くなってしまったということもあるのかもしれません。

f0281844_06472700.jpg

何度も書いているとおり、私が 40年間使用している S.Yairi YD-306 の弦高は異常に低い。
私が 20代のときにナットもサドルもいい加減に削ってしまったからだ。
低過ぎてカポなしで演奏するときにはこのようにナットに紙をはさまないとビビりまくっちゃうようなギターになってしまっている。

それと比較しての話なのだ。
だからこれは Water Road Arte Cutaway の弦高が高いのではなく、S.Yairi YD-306 の弦高が低過ぎるってことなのだ、本当は。

しかし私の体(手)がこの低過ぎる弦高に慣れてしまっているのもまた事実です。

そんなこともあって、普段着用のギターは音よりも弾きやすさを重視して買おうと思っております。

ま、私のことですから購入はいつになるか、分かりませんが・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村


[PR]

by J_minor | 2018-09-21 06:52 | ソロギター | Comments(12)
Commented by shibashiba64 at 2018-09-21 11:50
こんにちはー。

ズバリ・・・D-45のスタンダードと比較しても
WRの方が鳴りから操作性まで上ですよ。
D-45のスタンダードは何十本と弾いたことがありますが
10本に1本の割合で鳴ればいいほうです。
それにD-45とWRを委託に出した場合、WRの方が高いです。
そこは増田さん一人で最初から最後まで作った手工ギターと機械で作ったギターの差でしょうか。
自分が所有してたD-45コメは6弦をDにダウンしたらポコポコした音になり笑っちゃいました、WRだと絶対無いことで当たり前のようにしっかり鳴ってくれますよね。
西村さんを弾く時はCまでおとしてましたがしっかり鳴ってくれていました。
でもねー、最高の手工ギターを弾いたことがない人にはちょっと難しいかもしれませんね・・・
ほとんどの人がブランドイメージで試奏もしないで買ってるネット時代ですし・・・
でもネックの精度が高いので普段使いでほったらかしても大丈夫なのはWRかもしれませんね。
D-45はネックのジョイント部分の作りがけっこう雑なのでね。
弾き易いギターで丈夫なギターならテイラーがいいかもですね。

しかしWR・・・いい音になってきましたね!(^^)!



Commented by at 2018-09-21 12:04 x
Jminorさん
おぉ!D45の購入もあり!
Jminorさんの部屋が
凄い事になりそうですね。
流れ行く雲もDandelionも
そして花もいい曲ですね。
岸部さんのカバー曲は何曲かは
覚えたのですが、
次はオリジナルに挑戦したいです。
岸部さんがライブの時に言っていました。
弦高を気にしていないと~
岸部さんはどれぐらいの弦高で
ギターを弾いているのでしょうね。
高い方が音は良いとか?
弾きやすさと隣り合わせの様な~
Commented by sasunsasun at 2018-09-21 14:02
J-minorさん
こんにちは!
何故か最近D4シリーズの話が多いかも
先日はD-41をオフ会にもってこられて
楽しませてもらいました。
私はマーティンフリークでもないので
よくわかりませんがD-45のサウンドより
すこしスポイルされた(表現がイケてない
D-42の方が好きだったり^^
かの装飾が好きですってことなら45なんでしょうか。

マーティンのことはさておきWRいいですね
もともとWRのこのシリーズ高音の美しさが
際立つギターですよね。
ハイポジションでの演奏ならなおのこと
WRの本領が発揮されるのかなと思いました。

そして気軽に弾けて丈夫で弦高も下げやすい
そんなギターならしばしばさんがおっしゃるように
テイラーが私も良いかと思います。

D-45ほどの所有欲を満たすかと言うと・・・ですが
テイラーの900シリーズなんかは45より高額かも♪
Commented by J_minor at 2018-09-21 18:28
しばしばさん、こんにちは。

> ズバリ・・・D-45のスタンダードと比較しても
> WRの方が鳴りから操作性まで上ですよ。

あらま!そうですか!つまり決して D-45 > WR ってわけじゃないんですね!
それにしても・・・

> D-45のスタンダードは何十本と弾いたことがありますが
> 10本に1本の割合で鳴ればいいほうです。

とは驚きです!まあしばしばさんからそんなような話は以前伺ってはいましたけれどね(笑)。

> でもネックの精度が高いので普段使いでほったらかしても大丈夫なのはWRかもしれませんね。

へえ。つまりこの点ではむしろ普段着用にもなると・・・。

> 弾き易いギターで丈夫なギターならテイラーがいいかもですね。

テイラー、悪くないですか!私も以前中古のを買おうとしたことがあります。

> しかしWR・・・いい音になってきましたね!(^^)!

ありがとうございます!
Commented by J_minor at 2018-09-21 18:28
敏さん、こんにちは。

> おぉ!D45の購入もあり!

いやいやいや!それはないかと(爆)。ネタですよ、ネタ!

> 流れ行く雲もDandelionも
> そして花もいい曲ですね。

そうですね。岸部さんの曲は今一番好きな曲です。だから WR 買ったのですから。

> 岸部さんはどれぐらいの弦高で
> ギターを弾いているのでしょうね。
> 高い方が音は良いとか?

確か岸部さんは絶対にビビらないように、結構高めにしているそうです。
音はその方がいいんでしょうね。ただ私は軟弱ですからね。本当は低い方がいいです。
Commented by J_minor at 2018-09-21 18:29
おやじさん、こんにちは。

> よくわかりませんがD-45のサウンドより
> すこしスポイルされた(表現がイケてない
> D-42の方が好きだったり^^

へえ。そんなものですか。
ちなみに上にも書いたけれども、私が D-4Xシリーズに走ることは、まずないです(笑)。

> マーティンのことはさておきWRいいですね

いい音に成長したと思っています♪

> そして気軽に弾けて丈夫で弦高も下げやすい
> そんなギターならしばしばさんがおっしゃるように
> テイラーが私も良いかと思います。

あらま!またもテイラーですか!
本気で検討しようかな・・・。
Commented by こじ at 2018-09-22 14:22 x
j minorさま、こんにちは。


「鳴りが良くなっていくのがわかる」って特に若いアコギはホントに実感しますよね。

いいなぁ~。


演奏性と音質の両立は難しいですね。

プロのギタリストさんでも平気でビビってるユーチューブを良く見ますけど。

巻き弦だったら少しはよいかと。
Commented by J_minor at 2018-09-22 17:31
こじさん、こんにちは。

> 「鳴りが良くなっていくのがわかる」って特に若いアコギはホントに実感しますよね。

この過程は楽しいですね♪

> 演奏性と音質の両立は難しいですね。

実際どっちを取るか・・・なんでしょうかねえ。
でも私なら演奏性を取ろうだろうなあ。

> プロのギタリストさんでも平気でビビってるユーチューブを良く見ますけど。
> 巻き弦だったら少しはよいかと。

巻き弦の方は、逆にそれが絵になる場合もあるし、いいのではないでしょうか。
Commented by 丸に橘 at 2018-09-22 21:10 x
Water Road Arte Cutaway を購入してから半年ですか。1年、また1年と、あっという間に過ぎていきますね。。。。
今年も、気が付けばあと3か月で終わり。信じられませんが。。
さて、「普段着」の選定も始まっているのでしょうね。Jさんも、いつの間にかギターが増えていきますね。
私も今はGuild3本とMartin1本というアンバランスになってしまいました。
ミーハーとしては、年内には、D-18かD-45を・・・・と企んではいますが。何せ「最高の手工ギターを弾いたことがない人」なので。(笑)
あっ、Guildもお勧めです。我がGuild3本、もう最高です。
Commented by J_minor at 2018-09-23 07:55
丸に橘さん、こんにちは。

> Water Road Arte Cutaway を購入してから半年ですか。1年、また1年と、あっという間に過ぎていきますね。。。。

本当に早いですよね。あっという間です。
そしてあと3ヶ月で、また歳を取ります(笑)。

> Jさんも、いつの間にかギターが増えていきますね。

数は増やしたくはないんですけれどねえ。きっと WR は最高のギターだけれども、まだ足りないと思っている部分があるんでしょうね。

> ミーハーとしては、年内には、D-18かD-45を・・・・と企んではいます

おっと!また行きますか!
私としては 000-18 に行ってほしい。そして飽きた頃、譲ってほしい(笑)。
Commented by UME at 2018-09-24 14:34 x
ぬぉっ!?
D-45を普段着になんて、なんとブルジョアジーな。。
私には思いつきもしませんよ(笑)

先日、友人のギターを選びに楽器屋めぐりしてきましたが、人口木材のマーチン、私も試奏してきました。
なかなか気持ちよくって、自分も心が動きましたけど、グッとこらえてまいりましたwww

結局、友人はK.YairiのRA-65という、小さなボディーだけどスケールは普通という、なかなか見たことの無いモデルを選びましたよ。Youtubeで動画を探しても全く見つからないギターなので、いずれ借りて動画でもとろうかな。

Commented by J_minor at 2018-09-24 17:14
UMEさん、こんにちは。

> D-45を普段着になんて、なんとブルジョアジーな。。
> 私には思いつきもしませんよ(笑)

確かにブルジョアジーな発想です(笑)。
でも「一生もののギター」として考えたなら D-45 もそんなに高い買い物じゃないかもしれませんよ。
丁寧に使っていれば・・・ですが、またそこそこの価格でも売れるから「金」を買うような気分で買えばいいのですよ(笑)。

> 先日、友人のギターを選びに楽器屋めぐりしてきましたが、人口木材のマーチン、私も試奏してきました。
> なかなか気持ちよくって、自分も心が動きましたけど、グッとこらえてまいりましたwww

おお!悪くなかったですか!普段着用としては、まさに最高ですね。

> 結局、友人はK.YairiのRA-65という、小さなボディーだけどスケールは普通という、なかなか見たことの無いモデルを選びましたよ。

J-GUITAR で調べてみても、全然全然引っかからない不思議なギターですね♪
でもおめでとうございます。


<< 私が新しいギター( Marti...      普段着用のギターが欲しくなる >>