人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 22日

またぞろ、ちょっぴりエレガットが欲しくなっていたりして・・・

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_08440904.jpg

「季節(いま)を求めて」の方に 「山岳アプリに憧れ、スマホを購入!」 というのを連載中です。
よかったら向こうも見てやってください。

しかしこの歳でスマホにここまで熱中するとは思いませんでしたよ。
ま、わりと早く冷めるかもしれませんけれどね(笑)。

さて今回は、またぞろ、ちょっぴりエレガットが欲しくなってしまった・・・というお話です。
よろしかったら続きをどうぞ。


<< 続きを読む >>

by J_minor | 2019-02-22 08:58 | ギター購入記 | Comments(8)
2019年 02月 15日

恐らく生まれて初めてクラギの弦の張り替えをする

ギター好きの皆さん、こんにちは。Kamakura Guitar の J minor(ジェー・マイナー)です。
ブログ村のアコギ・カテゴリーに参加しています。現在の順位はこんな感じ です。

f0281844_08230168.jpg

先日こんな本を買いました。「1964年のジャイアント馬場」(柳澤健著・双葉文庫)です。
1964年のジャイアント馬場・・・というタイトルにはなっているが、実際には日本およびアメリカのプロレスの歴史を丹念に描いた力作だ。

780ページを超える分厚さにビビりながらも、昭和のプロレスファンだった私は、思わず買ってしまった。

1963年12月、力道山がヤクザに刺されて死んだ。
そのとき馬場(25歳)はアメリカでグレート東郷というレスラーの元で修行中だった。

力道山亡きあとはきっと馬場が日本のレスラーの主役になる・・・そう読んだ東郷は馬場を破格の契約で縛ろうとする。

その契約内容は、契約期間 10年、年俸 27万ドルというものだった。
1960年代前半の27万ドルは、今の貨幣価値に直すと 5~6億円にあたるという。

当時、年収 10万ドルを超えるレスラーは、本場アメリカにも 20人もいなかったというのだから、まさに破格の内容だ。

はたして馬場はその契約を飲んだのか・・・。
いや、面白いです!一読をお勧めします。

さて、枕が長くなってしまいましたが(笑)、今回は恐らく生まれて初めてクラギの弦の張り替えをしたっていうお話です。
よろしかったら続きをどうぞ。


<< 続きを読む >>

by J_minor | 2019-02-15 08:27 | ギター本体 | Comments(8)